飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「妹さえいればいい。 11」感想

妹さえいればいい。 (11) (ガガガ文庫)

〈あらすじ〉
小説がまったく書けないという大スランプに苦しむ伊月を、恋人の那由多は優しく見守る。土岐や京は伊月を復活させるための方法を模索するのだが、結果は芳しくない。一方、女の子であることを隠さなくなった千尋にも、大きな変化が訪れるのだが……。そんななか、第16回GF文庫新人賞の授賞式が開催される。青葉や木曽たちが受賞してから、はやくも一年の月日が経っていたのだ。怒濤の流れに翻弄されながらも、主人公たちは足掻き続ける――。大人気青春ラブコメ群像劇、衝撃の第11弾登場!!

帯の「10巻の続き」ってどういうことなんだ。いや、その通りなんだが、困惑。まあ帯のキャチフレーズについての話が中にあったので、それにかけてあえてやってるんだと思って安心した。作家・編集がテキトーに決めたんじゃないんだ!!

今回は千尋が妹だと知り、妹愛を糧に作家業を続けてきた伊月がスランプに。周囲の人間がそれを気にしてフォローを入れてくれる回といった感じ。千尋の恋即玉砕からの義父兄のいらん口出しなど、かなり可哀想な目に千尋あってるぞ。恋の相手が春斗なのも、モテすぎでしょ、この童貞さん。

割と若い会ではあって最後にはスランプから脱したのだけど、才能は取り返せず那由多に全否定される展開はちと予想外。那由多の危うさが出た気がするが、この先那由多のいう伊月の才能は戻ってくるのか。終わりに向かっている感じがして、ドキドキはしてきてる。

「ちょっぴり年上でも彼女にしてくれますか?2~たまらなく愛おしく、とにかく尊い~」感想

ちょっぴり年上でも彼女にしてくれますか?2~たまらなく愛おしく、とにかく尊い~ (GA文庫)

〈あらすじ〉
男子高校生・桃田薫はちょっぴり年上の彼女・織原さんと交際中。今日はお家でゲームに熱中→明日は遠くの町までドライブデート♪12歳差というギャップにも負けず絆を深めていく二人だったが――
「いやいや、それはモモが悪いよ」
織原さんの尊厳を傷つけた桃田の何気ない一言とは……?お詫びのマッサージはなぜか超本格的で、織原さんの身も心もとろけちゃう! さらに織原さんの姉・妃さんと衝撃の遭遇で二人の秘密に一波乱!?可愛すぎる奇跡のアラサーと一途な男子高校生が真剣に想いを重ねあう、初々しさ満点で尊さあふれる純愛・甘々ラブコメディ、第2弾!!

ブルマーに魅力を感じない管理人の僕です、どうも皆さんこんにちわ!正直、ブルマーよりもスパッツの方が良いですよね!?(真顔)

阿呆な話はともかく、二巻出るですねこの作品。甘々ラブコメ路線推しだとネタがそれほど多くないので単巻で終わっても不思議ではないのだけど。だいたいラブコメにはプラスαの要素を入れるものだけど、あんま求めてもいないんだよなあ。なのであとがきにあった「プラスαとしても仕事モノ」は入れないは正解のような気がする。

27歳女性と15歳男子の恋愛ラブコメ。男女逆転するとそれほど騒がれはしないけど、年上女性の場合、驚かれるのはなんでなんだろうね。やっぱ「男は若い女性が好き」っていう考え方が前面にあるからなのかな。全然話変わるけどプロ野球選手の奥さんは年上多いよね。(薄い話)

JKライバル出現(?)に嫉妬する27歳の姫さん。大半が彼女が悪かったね。しかし親族に年齢の隠し事してると後々面倒パティーンな感じがするので、それでひとネタになるか。

「魔弾の王と凍漣の雪姫」感想

魔弾の王と凍漣の雪姫 (ダッシュエックス文庫)

〈あらすじ〉
弓は臆病者の武器。祖国でそういわれ続けてきた少年は、少女の言葉によって己の進むべき道を見いだし、守るべきものを得た。二年後、ブリューヌ王国はジスタートと同盟を組み、大国ムオジネルと開戦する。ティグルは病に伏せた父ウルスに代わり、初めての戦場へと向かった。戦争は順調に進んでいるかのように見えたが、奇襲を受けブリューヌ軍は戦線崩壊する。敗足するティグルの部隊。その窮地を救ったのはオルミッツ公国の戦姫、リュドミラだった。二年ぶりの再会を喜ぶ二人。しかし、その行く手には新たなる戦いが待ち受けていた。戦乱の世を舞台に、伝説の時代より続く闇の勢力との戦いが、今はじまる!!

最初に発売スケジュール欄で本作タイトルを見た時の既視感といったら。著者も一緒なのでこれはと思っていたのだけど、まあその通りでした。いやはやどういうことですか?

MF文庫J魔弾の王と戦姫」と世界観が同じ、しかし別の物語。全く同じ名前のキャラクターが登場するが、MF文庫J版とは異なる物語のため関係は一切ない。つまりはMF文庫J版を読んでいなくても十分楽しめる……正直、前のキャラクターの設定=性格・属性を知らない分、真っさらの読者の方が楽しめるんじゃないだろうか、と思ったりもする。

卓偉稀な弓の才能を持ちながらも評価されない田舎貴族のティグルと、一国の王の次に影響を持ち、超常的な力を放つ武具を振るう「戦姫」のひとりミラ。幼馴染の二人が紡ぐファンタジー……であり、今回は「戦記」要素を薄めになっている感じかな。強大な力を持った魔物というある種分かりやすい敵が序盤から登場しているのがその象徴のような。敵対国家との戦が本格化するのは次からなのか、それともティグル+戦姫コンビの超常バトルがメインとなっていくのか。

MF文庫J版と比較して、ティグルの環境が恵まれているのもあってライトな読み口ではある。あとミラと想い合う幼馴染でもあるので、ラブラブっぷりがこー、なんと言いますか、もう少し抑え気味でも良いような気がしますわ。(笑)

「スレイヤーズ16 アテッサの邂逅」感想

スレイヤーズ16 アテッサの邂逅 (ファンタジア文庫)

〈あらすじ〉
降魔戦争の再来を食い止め、死闘の疲れを癒そうと里帰りを決めたリナとガウリイ。その道中、なんの因果かアテッサの街で正体不明の野盗騒ぎに出くわし、護衛を引き受けることに。ところが、その野盗はフツーの魔法とは違う系統の術を使い、思わぬ大苦戦!?街の被害も大きくなり、さらには魔道士にとって最悪の相性の兵器も用意されていた!魔力増幅の呪符を失い、戦力として大幅ダウン中のリナに、勝機はあるのか!?「勝つしかないでしょ。そんな敵でも」だがしかし!こんな危機にこそ心強い仲間たちがいるわけで―白霧がうごめく深き森で、リナの魔法が唸りをあげる!

まさかこのブログで「スレイヤーズ」の感想を書くことになるとは。私は富士見っ子で小学校六年生の時に、従兄の本棚に並んでいた本作に触れ……今に至るという訳です。

当時、15巻の際に「完結ではない(ただし出版・編集サイドの事情を考慮して)」という旨のことは書いてあったので、続きが出る可能性はあったのだけど、本当に出すとはねえ。感想については「リナ、ガウリイ、アメリア、ゼルガディス、ゼロスの五人が出てきてわちゃわちゃする」話だったので、まああとがきにある通り、ファン用の特別編といった方が良いのかな。ナンバリングよりも特別編として出して欲しかったと思ったのが本音。

そうそう、あとがき。L様のペットボトルで作者を「ペコポン!」と撲○して欲しかったです。

「察知されない最強職3」感想

察知されない最強職(ルール・ブレイカー) 3 (ヒーロー文庫)

〈あらすじ〉
火龍が国王の退位を迫ったことで、ポーンソニア王国は混乱の最中にあった。そんな中、ジルアーテという冒険者の少女が王命で捕らわれてしまう。ジルアーテはポーンソニア王国の南に広がる自治区「中央連合アインビスト」の先代盟主の娘だった。アインビストでは多数の種族が集まって同盟体制を築いており、「選王武会」で優勝した者を盟主として任命し、自治を行っているという。中でもジルアーテは竜人族という特別な種族であり、アインビストに集まる種族の中でも忌み嫌われている不遇の立場だった。フレアからそのことを聞いたヒカルは、竜人族という種族に興味を抱き、ジルアーテに会いに行くことにするのだが――。

順調に3巻発売となり嬉しい限り。続けて読破しました。正直、この位のページ数(300P弱)の方が読みやすくて好きです。や、あくまでも個人的な意見ですが。

感想です。今回は呪われた亜人種・竜人のジルアーテを助けるため、武道大会に挑むヒカル。暗殺者スキルとは一体……と思うほどトラブルに首を突っ込んでいくスタイル、嫌いじゃないです。スキルを過信してとんでもないことが起きそうで怖いのは怖い。

あとヒロイン枠が増えてポーラさんが加入。仮面の集団の怪しさよ。暗殺者、攻撃魔法、回復魔法と三者三様の秀でた能力で迫り来る逆境をひょいひょいクリアしていく。ジルアーテのトラブルを円満解決してさあヒカルハーレムにジルアーテも加わるかと思ったら、そうではないのね。彼女が加わると冒険者としてパーティのバランス取れそうだんだけどなあ。

「察知されない最強職2」感想

察知されない最強職(ルール・ブレイカー) 2 (ヒーロー文庫)

〈あらすじ〉
国の策謀からラヴィアを救出し、王都に戻ってきたヒカル達。ヒカルはアリバイを作り、ラヴィアは変装して更に「気配遮断」を使うことで二人は「伯爵令嬢の失踪事件」の疑いから逃れていた。これまで閉じ込められていたラヴィアは見るものすべてに感動して、街の中を大はしゃぎで観光し、ゆったりと過ごしていた。そんな折、一人の男が大慌てで冒険者ギルドに駆け込んできた。「惑わせの森」と呼ばれるダンジョンが暴走し、大量の魔物があふれだして村が壊滅の危機にあるという。一刻も早く兵を向かわせてほしいと訴えるが、そこは辺境の小さな村。国が取った対応は「放置」という残酷なものだった。奇しくもその村・メンエルカはポーラ達の故郷。国の対応に憤ったポーラ達は、救援のために故郷へ向かうのだが――。

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします!
ここ3ヶ月ほどほとんどラノベを読まずに過ごしてたけど、読み出すとやっぱ楽しいですわ。リハビリ的な感じで読書量を徐々に増やしていこう。

はい。感想です。ラヴィアを救い出し、無事(?)結ばれたヒカルたち。まあそこでハッピーエンドで終わることなく、次なるミッションへ。ヒカルたちは今度はポーラたち3人組の故郷を救うために動き始める。暗殺者スキル持ちなのに、正義感に突き動かされるヒカルはなんかこう、危うさもあるなあとは思う。暗い性格なのかと思っていたラヴィアが意外にも明るい女の子で、ヒカルへの独占欲を見せながらもハーレムも満更でもないような、変な意味で危うさがあるそこのカッポー。

状況を利用して一国の王を脅迫するとは、ヒカルさん、貴方は目立ちたいのか、そうではなかったのか(笑)

ポーラが仲間に加わり、やはりヒカルハーレムもといヒカルパーティは広がっていくのかこれ。

「ファイフステル・サーガ2 再臨の魔王と公国の動乱」感想

ファイフステル・サーガ2 再臨の魔王と公国の動乱 (ファンタジア文庫)

「許せないわ。わたしたちの結婚式であなたを殺すなんて」フライスラント軍の撃退に成功したカレルだが、その武勲とセシリアとの結婚を快く思わない何者かの暗殺が計画される。「こうなったら未来を変えるべく行動するしかない」犯人の手がかりを求めてカレルはドワーフの国へ向かうが、黒幕の策略はすでに二重三重に仕掛けられていた!そして公国に広がる動乱は、二人の英雄を引き合わせることに!「カレル、おまえにはせいぜい苦労してもらうとしよう。なに、少しぐらいなら手伝ってやる」カレルとヴェッセルの邂逅は歴史を大きく動かす―!

晦日です。
年内にもう一発更新できるとは思わず、「ファイフステル・サーガ」面白すぎてサクサク読めてしまう。

今回はカレルたちの結婚式前に巻き起こる内乱を鎮める戦いになる。フライスラントが糸を引く中で、今回もカレルの策とヴェッセルの暗躍が綺麗に決まり、見事撃退に成功、カレル株爆上がりと行った感じでセシリアと結婚します。何この順調人生。そろそろ揺り返しが来そうな気配がしますねえ(灰エルフを見ながら)

セシリアさんとの結婚から初夜の流れ、師走さん曰く「詳細に書いたかがボツになった」とあるけど、そこはほら、完全版商法でいければ良いかと思います。あとミリエールたんと腹黒ヴェッセルをもっと出していただけると私大満足です、はい(ニッコリ)

「ファイフステル・サーガ 再臨の魔王と聖女の傭兵団」感想

ファイフステル・サーガ 再臨の魔王と聖女の傭兵団 (ファンタジア文庫)

〈あらすじ〉
「わたしも、あなたを夫として受け入れるわ」これより二年の後、古の魔王再臨し、人類は滅ぶ。絶望の未来を塗り替えるため、“アレンヘムの聖女”セシリアと婚約し、最強の傭兵団“狂嗤の団”の団長となる道を選んだカレル。“アレンヘムの聖女”が持つ『自分の死を夢見る』という悪夢に希望の力を見いだしたカレルは、死の運命を回避する力を持った英雄として五芒国平定のため動き出す。一方その頃、幼くして女王の座を引き継いだ妹のため、暗愚を演じ続けていた王子ヴェッセルも権謀術数に長けた英雄として歴史の表舞台に姿を現す。玉座の頂を目指す英雄たちの叙事詩が今、幕を開ける!

3ヶ月ぶりの更新になりますが、皆さま、いかがお過ごしだったでしょうか? 私は「ゲーム・オブ・スローンズ」を観たり、あるYouTuber様にハマったりしながら過ごしてました。あとそろそろ「キングダムハーツⅢ」が出るので予約完了済みであります。

もう年の瀬というね……個人的なお話を続けさせて頂くと、ちと来年1年間、任期付の役を受けることになりまあまあ忙しなくなるので、メンタルがどんな感じになるのか不安ではあります。これも経験かと。

はい。感想です。
ゲーム・オブ・スローンズ」を見ていたので、この手のファンタジーが面白くて仕方がない。今回は壮大な物語の一歩目といった感じで、世界観を含め何処と何処の国が仲違いしているとか、どんな考えを持っているとか、まずは読者に知らせるための巻といった印象。

その中でダブル主人公と言っていいのか、カレルとヴェッセルは平民と王族という立場の違いはあるものの、己の信念に従い、また大切な人たちのために戦おうとする姿勢は好印象。いや、好きです、特にヴェッセル王子。いくつかの国を巻き込む戦争、そしてその先に待ち受ける魔王の再臨……世界滅亡の危機を背負い、戦う男たち。師走トオルさんが描く物語なので、ほんと、安心して読めますわよ