飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

ガガガ文庫

「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。10」感想

〈あらすじ〉 新しい年、新しい関係、新たなる想い。 冬休み。のんびりとした年の瀬、そして年明け。 合格祈願の初詣や買い物など、予定外の外出が重なる八幡が新年の街で出会ったのは、雪ノ下陽乃と葉山隼人、そして……。 教室で、部室で過ごしてきた時間で…

「GランDKとダーティ・フェスタ」感想

〈あらすじ〉 ここは大バカ高校・野猿峠男子(通称:猿男)。そんな俺らの高校に、普段なら話すこともできないような超お嬢様学校との合同文化祭の話がやって来た。と、いうわけで。漢・花島一茶、女になります!でもこの文化祭、どうにも裏がありそうだ。楽…

「天網炎上カグツチ」感想

あらすじ “炎上体質”によってネット炎上を繰り返し、ついにネット断ちを決意した高校生・匂坂焔。そんな焔の前に現れたのは、大企業・八雲重工の令嬢である華蓮だった。彼女に誘われ、焔は人型パワードアーマー《カグツチ》に搭乗するが――その動力は、まさか…

「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。6.5」感想

〈あらすじ〉 文化祭が終わった直後。「体育祭を盛り上げたい」という生徒会長・城廻めぐりの依頼を奉仕部として手伝うことになった八幡や雪乃たちだが、そもそも体育祭実行委員長も決まっていない。そこで担ぎ上げられたのは、文化祭でも実行委員長を務めた…

「魔女は世界に嫌われる 3」感想

〈あらすじ〉 ついに旅の目的地である旧魔導帝国へと足を踏み入れたネロとアーシェ。皇都跡地を目指して歩き続ける二人は、水と食料が尽きるころ、中継地点となる“小さな古城”にたどり着く。そこには圧政に耐えかね国を追われた人々が寄り添うように暮らして…

「俺が生きる意味 5 都心楼のディザイア」感想

〈あらすじ〉 水族館の惨劇から、二か月。櫛灘学園に編入した斗和は、そこで従姉のかりも、さらには神悠言の少女たちと出会う。そして幼いころによく遊んだ瞬夏と偶然百貨店で再会。しかし、その再会は不条理の呼び水だったのかもしれない。一人前になりたい…

「俺、ツインテールになります。6」感想

〈あらすじ〉 最強のポニーテールとして復活したフェニックスギルディと、闇の処刑人・ダークグラスパーの戦いは熾烈を極め、いつ終わるともなく続いていた。一方、夏休みを満喫中のツインテイルズの面々だったが、停戦期間が終わり、エレメリアンたちは侵攻…

「夏の終わりとリセット彼女」感想

〈あらすじ〉 「あなたは、私が一番嫌いなタイプの人間だと思います」 ――夏休み。桜間さんが事故で記憶を失った。桜間さんといえば、完全無欠の「正義の人」にして、クラスの誰もが認める超美人。そしてなんの間違いか、僕、峰康の“カノジョ”でもある。“カレ…

「奇械仕掛けのブラッドハウンド」感想

〈あらすじ〉 猟奇殺人が起こる街。一家を襲った悲劇。そして数奇なる運命の車輪は回り始めた……。街を襲う潰殺事件。街の片隅で探偵稼業を営む芥宗佑は潰殺魔に家族を殺された後輩・栂貴織をかくまうことになった。貴織に依頼された人捜しを進めるなか、宗佑…

「血潮の色に咲く花は」感想

〈あらすじ〉 花のためだけに少女は生きる。 人間に寄生し成長する妖花が存在する世界。宿主となった者は頭に仮花を咲かせ、今まで生きてきた記憶を失う。そして花のために生き、花のために死ぬのだ。青年・ルッカは、かつて宿主となった家族を殺した事件以…

「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。9」感想

〈あらすじ〉 もうすぐクリスマス。小さい頃はプレゼントがもらえる日だったが、今はもう違う。何より、願うことも、欲しいものもなくなってしまった――。生徒会長選挙の日以来、何かが決定的に終わってしまった関係を引きずりながら、逃げ出さないため、ただ…

「ノノメメ、ハートブレイク 3」感想

〈あらすじ〉 告白成功率ゼロパーセントの世界一モテない男・東雲芽吹のもとに、弟子入りを希望する奇特な生徒・有明命が現れる。どうしても告白したい相手がいるという彼の熱意にほだされた東雲は入門を認め、バカバカしくも厳しい告白修行を開始。一方、生…

「初恋コンテニュー 2」感想

〈あらすじ〉 恋愛ゲームの世界に閉じ込められる。そんな思いもよらない体験をしたゲームに疎い綾野海とゲームをこよなく愛する妹の空。現実世界にもどったふたりは以前と同じように日常を過ごしていた。しかし、ゲーム機『コミカルステージ』のつくも神・パ…

「魔女は世界に嫌われる 2」感想

〈あらすじ〉 亡くした大切な人を生き返らせるため、旧ガルディア魔導帝国の皇都跡地を目指すネロとアーシェ。“重罪人の息子”と“魔女の娘”として、国から追われる身である二人は、人目を忍ぶ旅を続ける。夜は一枚の毛布にくるまって眠り、共に困難を乗り越え…

「俺が生きる意味 4 水迷宮のヘリテージ」感想

〈あらすじ〉 水族館で再び“見えない壁”に閉じ込められ、人喰いの化け物に襲われる斗和たち。だがそこには、化け物よりも恐ろしい殺人鬼が存在した。殺人 鬼から執拗に狙われる斗和。窮地に立ち己の無力さを嘆く笠根木、兄の犯した罪と向き合うため決意を固…

「俺、ツインテールになります。5」感想

〈あらすじ〉 待ちに待った夏休み! しかし、ツインテイルズの戦いに休息はない……と思っていたら、アルティメギルもまさかの夏休み宣言!? この機会に、ツインテール部は強化合宿を行うことに決定。行き先は――なんと異世界! そこで出会う新たなツインテー…

「殺戮のマトリクスエッジ」感想

〈あらすじ〉 西暦20XX年。旧東京湾上に建設された次世代型積層都市トーキョー・ルルイエ。この都市には、電脳を喰らう獣がいる。それは、電脳ネット上、どこにも存在しない、人喰いの化け物どもだ。そして、彼・小城ソーマは奴らを狩る。鮮血と電子の満ちる…

「セブンスホールの魔女」感想

〈あらすじ〉 “ホール”と呼ばれる穴によって、異世界の怪物たちが現れるようになった世界。主人公の泉野原アカザは腕利きの“魔力持ち”として活躍していたが、ある事件をキッカケに魔力を封じられてしまう。そこへ怪物退治を生業とする巨大民間企業“世界対策…

「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8」感想

〈あらすじ〉 後味の悪さを残した修学旅行を終え、日常に戻った奉仕部。そんな折、奉仕部に生徒会長選挙に関わる依頼が持ち込まれる。お互いのやり方を認められないまま、奉仕部の三人はそれぞれが別のやり方で依頼に対することに。分かっていた。この関係は…

「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。6.75」感想

〈あらすじ〉 生徒会や奉仕部の奮闘むなしく、体育祭の準備は暗礁に乗り上げてしまった。目玉競技の実施に、現場班から待ったの声がかかったのだ。その口火を切ったのは、相模南の友人たち……。個人的な感情のすれ違いに端を発したこの騒動、収めるための有効…

「ノノメメ、ハートブレイク 2」感想

〈あらすじ〉 女の子にフラれるたびに東雲芽吹の体から放出される「金色の霞」。近年、その回収率が右肩下がりになっていることに不満を持った神々は、回収者である天王洲を東雲の担当から外すことを決定。新たな回収者として降臨した幼い少女の神・ナナシは…

「魔王が家賃を払ってくれない 6」感想

〈あらすじ〉 魔王アーザついに溜まった家賃を払う!? ヨシツネの父親の会社が倒産してしまった! さすがに気の毒に思った魔王アーザ十四世は、溜まっているアパートの家賃を払うことを決意。さっそくファーストフード店でアルバイトを始めたのだったが……。ち…

「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 6.50」感想

〈あらすじ〉 体育祭運営委員会がスタートした。奉仕部は計画通り、相模南を委員長として担ぎ出すことには成功したものの、作業の割り振りを巡り、委員会は冷ややかな雰囲気につつまれてしまった。相模は、現場班として参加している友人達とギクシャクしてし…

「初恋コンテニュー」感想

〈あらすじ〉 この世にはクソゲーやバグゲーと呼ばれ、歴史から削除されたゲームがある。そんなソフトばかりが発売され続けたことで、誰からも見向きもされず話題にあがっても『ゴミ捨て』などと揶揄されるだけのゲームハードも存在している。主人公・綾野 …

「俺が生きる意味3 水迷宮のデモニアック」感想

〈あらすじ〉 葦原第二高校の惨劇から二週間。自責の念とトラウマに苦しむ斗和は、彼を元気づけようとする妹の一花と中学時代からの友人・天音川銀河によって、半ば強引に水族館に行くことになる。そしてアインズヴァッハの門をくぐった殺人鬼が、正体を隠し…

「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。7.5」感想

〈あらすじ〉 奉仕部に送られてくるようになった「お悩み相談メール」、そして平塚先生から持ち込まれた「結婚がらみ」の相談事……。(八幡的には)不本意にも忙しい奉仕部。その活動はコスプレ&「嫁度対決」からガチ格闘技対決まで、多岐にわたりすぎて大変…

「俺、ツインテールになります。4 」感想

〈あらすじ〉 男の娘属性を持つエレメリアンとの戦いの直後、かつてない危機が総二を襲う。テイルレッドの変身を解除すると、そこには見たこともないツインテール美少女の姿が!? 男に戻れなくなった彼の身に、着替え、トイレ、風呂、暴走するトゥアールと…

「王子降臨」感想

〈あらすじ〉 ときは戦国。空は哭き、地は痩せ、人心は乱れていた。この世は、まさに地獄であった。だから、民らは、まだ知らぬ。流星と共に舞いおりし、美しき「王子」の存在を。母星の姫を捜すため、この星にきた王子のことを! 光の国からやってきた、麗…

「人形遣い」感想

〈あらすじ〉 わたしの名前は坂上神楽。凄く可愛くて頭が良く、芸達者で器用で立ち振る舞いも完璧。ダイヤモンドもはだしで逃げ出すとまで謳われる世界的天才美少女であり、討魔である。討魔とは、狼男のような人ならざる化け物を人知れず影で退治するという…

「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 6.25」感想

〈あらすじ〉 文化祭も終わり、奉仕部にいつもの日々が戻ってきた。最近、部に導入されたパソコンによるお悩み相談では、どこで告知されたのか意外にぽつぽつと相談事が舞い込んできている。そんな中送られてきた一通の投稿をきっかけに奉仕部が動き出す。あ…