飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「あやかしがたり」感想

あやかしがたり (ガガガ文庫 わ 3-1)

あやかしがたり (ガガガ文庫 わ 3-1)

あやかしがたり全巻読了しました。

時代小説を読んだことがなかったので読めるかどうか不安だったけど全く問題なかったです。
新之助を始めとする熱い漢達とそれを支える魅力的な女性キャラ。
苦難の道を行く新之助と堅い絆で結ばれた家族のお話。

気になったのはひとつの文節の地の文で二人以上の心情が描かれてることがあって混乱した。「あれ?これ、誰の内心だ?…ああこの人か。何か突然視点が変わったなぁ…」って首を捻る。
まあこれは僕だけが感じたことかもしれないけど。

読んでみれば、なるほど内容に合ったイラストだ!と思えるけど、イラスト買いの客も多いラノベ購読者からすると、一見で買いたいと積極的な気持ちになりにくい。正直なところ。しかもデビュー作となれば購入する判断材料の大部分をイラストが占めると思う。

なのでもっと柔らかいイラストの方が良かったと勝手に思って締めます。