飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「まおゆう魔王勇者1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」」感想

まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」

まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」


魔王「――わたしは、勇者のものだ」
勇者「――俺は魔王のものになる」

勇者が魔王を滅ぼしたところで世界が平和になる訳じゃない。

魔王と勇者が手を結び『ハッピーエンド』の向こう側にある本当の『ハッピーエンド』を目指す。

ネットでタイトルは良く聞くが、それ以外の情報なしで購入したため、対談方式の文章に戸惑った。
慣れれば何ということもないけど、通常の文体ではないせいで『物語』を読んでいる気がしないのが正直なところかな。

面白い世界史(中世)の教科書を読んでいる感覚。この感覚が一番近かった。