読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち」感想

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)


「あなたは…本を読む人じゃない、から…」

本が読めない体質の主人公と古書店『ビブリア古書堂』の店長である本の虫の女性との、古書にまつわる少しミステリアスな物語たち。
それぞれの結末に、少し寂しくなったり、少し心が温まったりする、そんなお話でした。

最後の篠川さんの行動は、共感できる部分はあるが本好きの私でもおかしいと感じるのだから、やはり本を読まない人にとっては常軌を逸しているように映るだろうね。