飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「踊る星降るレネシクル 4」感想

踊る星降るレネシクル 4 (GA文庫)

踊る星降るレネシクル 4 (GA文庫)


「頼りにならない友達より、頼りになるひきこもりっしょ?」

もうふちゃんの可愛さは他ヒロインの追随を許さないよねー。

最初からもうふちゃん展開で飛ばしていくるるル4巻。完全に俺得です。ありがとうございました。
あ、いえ、まだ締めませんけど。

怒濤のラブコメ展開で、前巻で起きた「千陽院みらを放逐する」星ノ令がなかったことにされたのかと思いました。
勿論そんなこともなく、千陽院みらを放逐する派閥とそれに反対する派閥で争い事に。
千陽院みらを放逐する派閥――三星会は次期星柱間違いなしと言われるも封印されていた乾乾(ケンケン)を解放。ミカホシの外でもランカースキルが使えるよう極星樹を枯らし、その力で日本征服を目論む。

すまる、瑞貴、なななの女の闘い。
乾闇鳴と乾乾の確執。
レンヤの未来。

相変わらず冗談のような展開からシリアスなお話に持って行くのが上手い。
それと熱いランカーバトルもしっかりあって嬉しい。

今回はすまるの覚醒で幕を閉じた…というか前巻同様、完全な引きで終わった。

これは酷い。待たされる身にもなってくれ!