飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「帰宅部のエースくん。」感想

帰宅部のエースくん。 (電撃文庫)

帰宅部のエースくん。 (電撃文庫)


「だって、きみも――楽しいの好きでしょ?」

イラストがヒロユキさんの時点で作品に強烈な先入観を持ち込んでしまうなぁ、と思って読み始めた。
まずシリアスはないだろうと思った通り、おバカなコメディ+微エロでした。

好きだったことがいつの間にか『苦しいこと』に変わっていて『楽しむこと』を忘れてしまうことは良くあるよね、と夢も希望もない私が言ってみます。

ん…これは感想ではない…?