飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「ゆうれいなんか見えない!4」感想

ゆうれいなんか見えない!4 (GA文庫)

ゆうれいなんか見えない!4 (GA文庫)


「あ、あほやないの!? ランドセルでなに興奮しとるん、気持ち悪いわ! この変態!」

ぼくはロリコンじゃないぼくはロリコンじゃないぼくはロリコンじゃない――

と、内心で唱えているかどうかは分かりませんが。
どう見ても敦志はロリコンです、本当にありがとうございます。
本筋の退魔師のお話はこれといって取り上げる場面もなく…
敦志がよりより達のお風呂を覗いたり着替えを覗いてドキドキしたりと、ロリコン視点での幼女観察の方が読んでて楽しい。
初めて引きをもってきたのに、馬乗りになったのがよりよりじゃなくて刹っちゃんなのはどうなの。
次回はどうやら水着回。このまま刹っちゃんに敦志を持って行かれてしまうのか。

しかしよりよりに加えて刹っちゃんと蓮ちゃんと、幼女ハーレムを築いていく敦志は本当にうらや…けしからん奴ですな!