飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「僕は友達が少ない6」感想

僕は友達が少ない6 ドラマCD付き特装版 (MF文庫J)

僕は友達が少ない6 ドラマCD付き特装版 (MF文庫J)


僕は友達が少ない 6 (MF文庫 J)

僕は友達が少ない 6 (MF文庫 J)


「このあたしが気に入っている人間が、つまらないヤツなわけがないじゃない」

アニメ化決定おめでとうございます!
満を持しての『はがない』アニメ化。
第0回MF文庫Jライトノベル新人賞の作家さんの作品がアニメになるとは…胸に込み上げてくるものがありますね。

内容の方は前回の引き『幼なじみ問題』を夜空があっさり告白して終えるという、まあいつもの『はがない』からスタート。
6巻全てで星奈もとい肉が残念さ全開で目立ちまくってました。学園祭と体育祭の件で思わず目を覆いましたよ。
痛い。痛いよ、肉。
夜空のメイド服や稀に理科が見せる可愛らしさ、ケイトへのラッキースケベなど見所はあるものの今回は星奈押しでしたね。
完全に俺得です、はい。
ケイトの思わせぶりな台詞が次の巻で生きるのか、それともあっさり処理されてしまうのか。

それと『番外編』のお話は、やはりドラマCD…声ありきのお話に感じました。