飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

MF文庫Jの『異世界ファンタジー』が面白い!

「可愛い女の子たちに囲まれた主人公が活躍する異世界ファンタジーといったらMF文庫Jでしょ!」

嫌に限定的な括りですが、好きなんだから仕方がないですよね。
レーベル代表作の『ゼロの使い魔』を始め、MF文庫Jの異世界を舞台に可愛い女の子達と冒険するファンタジーがとにかく面白い。
ということで、MF文庫Jオススメの『異世界ファンタジー』をコツコツ書きました。

【ゼロの使い魔 著:ヤマグチノボル】

ゼロの使い魔 (MF文庫J)

ゼロの使い魔 (MF文庫J)


MF文庫Jを今のMF文庫Jたらしめた、決して外すことの出来ない名作。
この作品を読まずしてMF文庫Jレーベルを語ることは許されない!(言い過ぎ?)
23巻で完結予定のため、サイトとルイズの物語も残り僅か。
始まりがあれば終わりもある、と分かっていても辛い…。

【イコノクラスト! 著:榊一郎】

イコノクラスト!〈1〉初陣 (MF文庫J)

イコノクラスト!〈1〉初陣 (MF文庫J)


一部熱狂的なファンを持つ『イコノクラスト!』
『ゼロの使い魔』同様、主人公が異世界に召喚される物語ですが。
『ゼロの使い魔』を「光」の物語だとすると、『イコノクラスト!』は「闇」の物語。
女の子が一杯出てくると軽い気持ちで読み始めると痛い思いをしますが、その痛さが堪らなくなるお話です。

【聖剣の刀鍛冶(ブラックスミス) 著:三浦勇雄】

聖剣の刀鍛冶(ブラックスミス) (MF文庫J)

聖剣の刀鍛冶(ブラックスミス) (MF文庫J)


アニメ化もした『聖剣の刀鍛冶』
正統派の異世界ファンタジーのため、アニメにして大丈夫なのか心配になりましたが。
セシリーちゃんが可愛かったので良し!
刊行数が二桁に突入していますが、読みやすい上にページ数も厚くないのでサクサク読めます。

【機巧少女は傷つかない 著:海冬レイジ】

機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing

機巧少女は傷つかない〈1〉 Facing "Cannibal Candy" (MF文庫J)


ヒロインの意志ある機械人形、夜々が魅力の『機巧少女は傷つかない』
少年週刊誌『ジャンプ』のようなバトルも素晴らしく、心から熱くなれる物語。
夜々かわいいよ夜々。

【竜王女は天に舞う 著:北元あきの】

竜王女は天に舞う―One-seventh Dragon Princess (MF文庫J)

竜王女は天に舞う―One-seventh Dragon Princess (MF文庫J)


主人公の恰好や魔術の在り方がどこか懐かしい(?)ファンタジー。
ヒロイン3人娘がとにかく可愛い。
ちなみに私はリラ派です。

【いつも心に剣を 著:十文字青】

いつも心に剣を 1 (MF文庫J し 5-1)

いつも心に剣を 1 (MF文庫J し 5-1)


少年レーレと少女ユユの旅の物語。
レーレとユユの心理描写が丁寧に描かれていて、まるで詩のような小説。
少年少女の心が読者の心を鷲掴みにする。

【精霊使いの剣舞 著:志瑞祐】

精霊使いの剣舞 (剣と学院と火猫少女)(MF文庫J)

精霊使いの剣舞 (剣と学院と火猫少女)(MF文庫J)


完結に向かっている『ゼロの使い魔』を継ぐ作品は間違いなくこれ!
女性だけが精霊と契約しその力を行使できる世界で、男でありながら精霊の力を使える主人公。
力強く美しい精霊使いの女性たちに囲まれている主人公カミトが羨ましい。

【斬光のバーンエルラ 著:穂村元】

斬光のバーンエルラ (MF文庫J)

斬光のバーンエルラ (MF文庫J)


先日完結した『斬光のバーンエルラ』
主人公レネと、彼を想い彼と共に旅をするヒロイン達の魅力溢れる物語。
悪と見ると、口より先に手が出るレネの性格は読み手をスカッとさせる。

【魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉 著:川口士】

魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉 (MF文庫J)

魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉 (MF文庫J)


期待高まる、川口士さんの『魔弾の王と戦姫』
面白いが『地味』と評価されるファンタジーを書いてきた川口士さんらしからぬ盛り上がりを魅せたため、一部から「どうしちゃったの?」と声が上がるほど。
今後のMF文庫Jファンタジーを背負って立ち、大いに盛り上がって欲しい。

レーベル全体としてはラブコメが多い中、以上のようにMF文庫Jにも面白い異世界ファンタジーがあります。
個人的にはMF文庫Jのレーベルカラーを踏まえたファンタジー小説がもっと増えれば良いな。