飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「おれと一乃のゲーム同好会活動日誌 その5」感想

おれと一乃のゲーム同好会活動日誌 その5 (MF文庫J)

おれと一乃のゲーム同好会活動日誌 その5 (MF文庫J)


「さあ、人の子よ、ブルマに身を委ねなさい。全てはブルマの海より生まれ、ブルマの海に消えていくのよ」

なんですか、このブルマ無双は?
ブルマ! ブルマ! ぶるまぁあああ! いっぱいのぶるまぁアアアア!!
…良し、正常に戻ろう。

いつもの宗司ハーレムの日常を書きつつも、一乃にスポット当てた今回のお話。

異能を失ったことで宗司との絆が絶たれたと不安になり、宗司との関係を繋ごうと、デートに誘ったり宗司に泊まって行け言ったりと恥ずかしがりながらも積極的な言動をとる一乃さんが可愛いの何の。
宗司は一乃との約束が解消されたとしても今までの関係をなかったことにする小さな男ではないと思うが。恋する乙女は不安で一杯なんですね。

流石の鈍感宗司もハーレムを止めて一乃さんルートに入って行くのかな。
一乃に能力が戻ってきて次からまた通常営業になりそうだが、さて。