飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 3」感想

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる3 小冊子付き限定版 (GA文庫)

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる3 小冊子付き限定版 (GA文庫)

「尻・即・欲。それが、あなたと私がただ一つ共有した真の正義だったはず」

これは女性のお尻の素晴らしさに目覚めたえーくんの物語である。いえ、違います。

千和と真涼の表紙が良くて限定版を予約注文までしたものの、都心の書店には限定版が溢れかえり寧ろ通常版の方がレアな感じになっている気がします。
まあそれは置いておいて感想を。

『俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる』というタイトルなのに前世の元カノまで登場し、更に今回でツンデレ風紀委員も追加。『自らを演出する乙女の会』を廃部にしようとする鬼の風紀委員こと冬海愛衣であったが、千和に「彼氏がいなくて自演乙会を僻んでいる」と挑発されて動揺。本当は鋭太を意識しての行動だったのに「彼氏ならいる!」と強がって言い切ってしまい墓穴を掘ることに。愛衣の弱点を握るため、鋭太とデートをさせようと画策する自演乙会であったが…という今回のお話。

真涼、千和、ヒメ三人の鋭太弄りはいつものクオリティ。特に二人きりの場での真涼は鋭太をからかいながらも不意に恋する女性になるのがなんとも。頬にチューで真っ赤になって動揺する真涼さん可愛いです。とはいっても今回は愛衣がメインのお話なので彼女の方が目立ちますよね〜。鋭太にベタ惚れなのにそれを隠して接近しようとするものの、全く恋心を隠し切れていない愛衣の仕草が足をバタバタ。愛衣さん、心の声が漏れてますよ。愛衣は実は鋭太の初恋の相手であり、手書きの『婚約届け』まで書く仲であったことが明らかにされ、『彼女』『幼なじみ』『元カノ』『婚約者』の四つ巴の恋の戦いに。
鋭太の伯母である冴子に真涼が偽の彼女であることが全員の前で見破られ、次回は波乱回になりそう。

ヒロインも『春夏秋冬』揃ったのでもうこれ以上増えませんよね…?(親友カオルの方を見ながら)
あと俺修羅は巻数が増える事にタイトルにヒロインの属性を書き加えていく仕様にすれば良かった、と余計なことを思ったりしました。
それでは最後に、

修羅場マダー?(チンチン