飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「まよチキ! 9」感想

まよチキ!9 (MF文庫J)

まよチキ!9 (MF文庫J)

「アタシは――あんたの本当の家族になりたいっ」

スバル様に見事にフラレ、涼月家を出たジローはマサムネに誘われ彼女と甘い同居生活を送っていた…というのは勿論夢オチで、マサムネに「ペット扱い」され、ベランダに建てたダンボールハウスに移り住むこと1ヶ月。とはいっても「ペット扱い」しているのはマサムネの悪い癖が出ただけで、紅羽の目の届かないところでしっかりジローとラブコメしているマサムネさん。

坂町兄妹とマサムネ三人が同居しているマンションの隣に、涼月とスバルが引っ越してくることから今回のお話は始まる。
偶然のはずもなく、デビル涼月の策略によるものだが、いつものドタバタ劇は鳴りを潜め、何処かおかしい涼月。
それはスバルも一緒ではあるものの、スバルの場合はジローとの告白の一件があるせいだからで、ジローとの友人関係を解かれる不安を口に出したスバルを抱き締めたジローの感覚が分かりすぎて読んでて辛いのですが。

シュレ先輩とナクルの登場で賑わうが、同居の是非を問われた際にマサムネがジローとの交際宣言をしてしまい、それを受けて涼月が今度はスバルとの交際宣言。その混乱の中で、スバルに惚れていた紅羽がショックで失踪してしまうが、シュレ先輩によって保護される。あれ、シュレ先輩こんなに頼りになる人でしたっけ?
二組のカップルでダブルデートをすることになるものの、やはりいつものような明るさがない涼月に、マサムネの言葉が核心をつく。マサムネと涼月が同じ人と壁を作る『人種』であること、そして親友だと心を許したジローとスバルに隠し事をされたことが涼月の不安を煽っていた。人間、信頼している人にも隠し事はするものですが。その『隠し事』が涼月を、そして愛するスバルを傷付けることになるのはままならない、のか。

最後はマサムネの告白とキス、それを目撃してしまうスバルの図で締めくくったが、個人的には株を上げてきたマサムネに幸せになって欲しい感じが。無理なのは分かってます、はい。
引きが引きなので早く続きを読みたいです。