飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「はたらく魔王さま! 3」感想

はたらく魔王さま!〈3〉 (電撃文庫)

はたらく魔王さま!〈3〉 (電撃文庫)


デビューしてからまだ三作品目なのに安定感。
下手に冊数重ねてる中堅作家さんよりも物語を綺麗に纏める力は凄い。安心して読める電撃作品のひとつ。コミカライズも決まって波に乗ってる。

異世界のゲートが開きやってきたのはひとりの女の子。魔王と勇者をパパ・ママと呼ぶ不思議な女の子アラス・ラムスを中心にドタバタ劇を繰り広げる王道の展開。
今回ラブコメ分がやや多めだったのは、パパママとなった魔王と勇者にヤキモキする千穂の存在があったからか。序盤はアラス・ラムスの面倒を積極的に見て魔王の好感度を上げるも、アラス・ラムスがママと呼ぶのはあくまでも恵美であり『疑似家族』に焦るのは仕方のない。実際、真奥が恵美に自分の過去を話すなど二人の接近もあった。読み手としては焦る千穂もまた可愛いので良いのですが。しかし千穂の好意を知りながらそれに甘える魔王は許せんな! それを自覚してても。
相変わらずクズっぷりを見せる漆原に対して、世話女房役の芦屋が今回も裏方で頑張っていた。それが報われたのか、芦屋に春の予感が…するも、まあ芦屋さんなのでいつそれに気づくことか。利香さん頑張って…。

この手の話はラストは子供の喪失で締めくくるパターンが多いのだけど、そうはならなかったのが意外。アラス・ラムスの肉体はなくなったものの、意志は恵美の聖剣に宿り、何だかんだでハッピーエンド。や、『はたらく魔王さま!』にバッドエンドは似合わないよね。
しかし異世界からやって来たときはシリアスキャラなのに、ひとつの物語が終わるとすっかり日本に根を下ろしてギャグキャラ要員になっているのはもうお決まりの展開なんですか、そうですか。