飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「東京レイヴンズ6 Black Shaman ASSAULT」感想

東京レイヴンズ6  Black Shaman ASSAULT (富士見ファンタジア文庫)

東京レイヴンズ6 Black Shaman ASSAULT (富士見ファンタジア文庫)


強力な敵である蘆屋道満に襲撃された陰陽塾で、若く未熟だが大きな可能性を秘めた春虎たちが熱い陰陽バトルを繰り広げる今回のお話。
ひとりでは決して対抗することの出来ない相手でも、六人の想いと力があれば戦うことが出来る。それでも埋め難い実力さのある道満に追い込まれてしまうが、最高のタイミングで現れた大友の格好良さといったら。道満と大友の常軌を逸した戦いに魅了されてワクワクしている春虎はやはり大物。勿論、他の陰陽師見習いも今後の成長と活躍が期待出来る場面が用意されていて良かった。何とか道満は退けたものの、夏目の父親が持ち去った『鴉羽』や『D』の陰陽師の存在など謎はまだまだ山盛り。あざの作品が本当に盛り上がるのはこれから!