飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ! 2」感想

おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ!2 (富士見ファンタジア文庫)

おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ!2 (富士見ファンタジア文庫)


可愛い女の子が登場しサクッと読めるラブコメは数多いが、この作品が他のラブコメよりも楽しく読めるのはヒロイン桃の可愛さにあると思う。正直あまり頭が良いとはいえない行動ばかり繰り返すも、恋愛や友人に対して落ち込んだり明るくなったり表情豊かに『女の子』をしている姿が桃の魅力。

そんな桃が、新キャラである腐女子の桜井小豆と『オタク友達』になったのをキッカケに、本格的なコスプレやそのコスプレ代を稼ぐためにメイド喫茶で働くなど、前回以上にオタク的なイベントに励む。何だかんだ言いながらも、桃の行動力には感服。しかし行動力はあるが最終的に残念な結果になるのが桃の仕様なようです。桃と小豆の女同士でキャッキャウフフする場面は非常に宜しい。友情を深め合う女性二人の空間になると完全にイラナイ子になる主人公直輝はというと、桃の手を借りながらも憧れの長谷川に接近することに成功。その間のモテない思春期男子特有の思考が痛いのなんのって…まるで鏡を見ているようだ。前回はほとんど出番のなかった長谷川だけど、直輝との距離が縮まるにつれて彼女のキャラクターが見えてきて、なるほど惚れるのも無理ない。それとは対照的に桃が憧れる鈴木の描写が乏しかったのは残念。

桃同様、小豆も男性恐怖症で直輝を避けていたものの誰の目にも明らかなほどフラグで、直輝が桃を想う熱い気持ちを感じる姿を見せつけたおかげで完全にフラグが立ちました。あれほど分かりやすいメールを小豆から貰っても不思議がるだけで何も感じない直輝は流石鈍感ラノベ主人公だと思いました。ええ、全く。
このままこの『ラブコメ』は直輝と桃を友情関係で終わらせてしまうのか、それとも二人の間に何かが起きるのか。その辺りの展開も今後の楽しみ。