飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「精霊使いの剣舞 5 魔王殺しの聖剣」感想

精霊使いの剣舞  5 魔王殺しの聖剣 (MF文庫J)

精霊使いの剣舞 5 魔王殺しの聖剣 (MF文庫J)


満を持してついにエストが表紙を飾る。ニーソエストたん最高です。

前回、衝撃のラストでエストを失ったカミトは心に深い傷を負う。そんなカミトを慰めるためにイヌ耳ウサ耳ネコ耳をつけたハーレムの面々がデートに誘い、コスプレに恥ずかしがりながらもカミトを元気づける。四人のヒロインは恋のライバルであるが、本気でいがみ合うことなくいざとなるとカミトのために一致団結して行動を起こせる良い女性ばかりで羨ましいよ。またその中でそれぞれの想いを胸に抱いてチームメイトが『精霊剣舞祭』に挑んでいることを再認識して、折れ欠けていたカミトの心が震え立つ。

エストとの契約が途絶えていないことから辿り、カミトがレン・アッシュベルから受けた呪いを解けばエストが復活することが判明し、フィアナの成果で呪いを消すことに成功するも、そんなに簡単に問題が解決するほど甘くない。前のエストの所有者であるアレイシアを強力な魔剣の力と引き替えに命を奪ってしまった記憶が蘇り、その喪失の想いに囚われたエストがまた同じ悲劇を繰り返すまいとカミトを拒絶する…のだが、エストの全てを受け入れる決意を固めた男を見て、『魔王殺しの魔剣』が復活。美味しすぎる、というか今復活しなくていつ復活するんだというタイミングでカミトの手に戻ってきたエストで窮地を乗り切る。この王道の熱い展開良いね!

今回はヒロイン達…特にエストとの絆を深めた回となったが、まだ『精霊剣舞祭』1日目が終了したばかり。まだまだ先は長い…のかな?