読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「IS <インフィニット・ストラトス> アンコール『恋に焦がれる六重奏』」感想

アニメ

IS <インフィニット・ストラトス> アンコール『恋に焦がれる六重奏』 [Blu-ray]

IS <インフィニット・ストラトス> アンコール『恋に焦がれる六重奏』 [Blu-ray]


右手にシャル。左手にラウラ。合体!\シャルラ/
…いえ、深い意味はありません。自分、シャルとラウラが大好きなものでして。はい。

巫山戯るのはここまでにして、内容の方へ。帰省した一夏の家に押しかけるヒロインたちのドタバタを描いた前半と、箒にスポットを当てた後半の構成で、戦闘パートは一切なく日常パートのみだったのは完全に俺得でした。本編もこうだったら良かったのに…(思わず本音)

開幕から織斑邸に一番乗りしたシャルが動揺のあまりパニックに陥りながら言う台詞がとにかく可愛い。「来ちゃった…」は殺し文句だろ。どんどん集まって行くヒロインたちではあるが、本来ならば正ヒロインであるはずの箒が相変わらず一夏に真面目な話を逸らされて不遇っぷりをアピール。とはいっても、お姉ちゃんの前には皆等しく不遇な扱いになるのがこのISです。「弟はやらない」発言、気にしてたんですね。

後半は箒の話に…と思っていたのに、二人で縁日デートに出た途端、蘭に遭遇してその後は完全に蘭無双。蘭かわいいよ蘭。しかしどこまで扱いが悪くなるんだ。せっかく巫女姿を可愛いと言って貰えたのに、蘭にも言ってるからね。まあ一夏さんなら皆に言うだろうけど。
蘭がいなくなった後も結局想いを伝えられずに終えてしまう箒。俺…目頭が熱くなってきた…。

しかし日常パートのみで話を創るとこんなに面白くなるのか。二期があるならこの調子でお願いします…無理なのは分かってるよ!