飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「フルメタル・パニック! アナザー2」感想

フルメタル・パニック! アナザー2 (富士見ファンタジア文庫)

フルメタル・パニック! アナザー2 (富士見ファンタジア文庫)


帯の「フルメタを超えるのは、フルメタだけ――」は凄い言葉だな、おい。
『フルメタル・パニック!』で欠かせない要素である『戦争』『ロボ』そして『学校』。
1巻では冒頭でしか触れられなかった陣代高校での生活。そして新たな主役ASのお披露目回。

D.O.M.S.に正式に就職し、過酷な訓練を積んでいた達也が日本に戻ってくる。しかし日本に戻される理由が、模擬戦の結果でクライアントと揉めたことによる実質の謹慎処分。とはいえ揉めたクライアントというのが一国の王子であり、そんな相手に真っ正面から言葉を叩きつけられる達也の熱いハートは否定していいものではないと思うが。

日本に帰国し、新学期の始まった学園で友人たちとの日常生活を送る…ことは出来ず、D.O.M.S.からやってきたアデリーナとクララの乱入によって非日常へと変化していく。マオの私物でありかつての上司も着た(含みのある言い方)女子生徒用の制服に、変装をということで見事着こなすアデリーナは相変わらずの素直ちゃん。ただ外見が外見な上に、連れているパンクファッションのクララのせいもあって「陣代高校に潜入」という意味では全く役に立ってない。そのまま学園に居座るのかと思いきや、達也の友人たちとアデリーナ、クララを連れて「高校生の寄り道コース」へ突入。幼少期は戦場で、今はD.O.M.S.という非日常で生きるアデリーナと平和な日本とのズレ。そしてその平和な日常に身を置くアデリーナの仕事場では見せない表情に惹かれる達也が描かれる。

いつまでも続いて欲しい日常は終わり、『D.O.M.S.に日本初のASを持ち帰る』ミッションが始まる。それほど難しいミッションではないと思われていたが、妨害に遭い、新たな敵であるサンジョウ姉弟のAS攻撃によってアデリーナとカルロスのASは撃破され、対人用の狙撃ライフルしか持たないクララの力が及ぶこともなくピンチに。そこで主役ASである『ブレイズ・レイブン』に達也が颯爽と乗り込み、空を舞うような高速移動を魅せ、日本刀を模した単分子カッターで敵を切り裂いていく展開は王道で心が熱くなる。

敵を撃退したものの、ASを見事駆る達也の『才能』を見せつけられた『努力型』のアデリーナの心に変化が。アデリーナに拒絶されて戸惑う達也、この先二人の関係はどうなるのか。
またアデリーナだけでなく、ラシッドの王子や菊乃のように今後達也の行動に強く影響される人物が出てくるのかも注目かな。