飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「白翼のリンケージ 2」感想

白翼のリンケージ 2 (白翼のリンケージシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)

白翼のリンケージ 2 (白翼のリンケージシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)


二人の想いがひとつになる瞬間が、今回も熱かった。

『リンク』の呪いによってお互いの心と体が結ばれてしまった楓と明日花。『強さ』において高い可能性を見せる二人ではあるものの、コンビネーションが上手くいかずいがみ合い、それほど強くないイルにも手を焼く始末。そんな発展途上のコンビの前に楓の怨敵『黒金のイル』と、前回二人を苦しめた吸血鬼クルトといった強敵を有する謎の組織が立ち塞がる。

相変わらず協調性のない楓と明日花が描かれる。戦闘力は高いもののそれを戦いで生かすことが出来ないのは、二人でひとりである利点を不利なこと思い込んでいることと、何よりお互いを信頼し合っていないためと師である竜玄に指摘されるもそれを直様呑み込めるほど素直な二人ではない。そんな状況で母親の仇である『黒金のイル』が現れ、感情的になり明日香の命を抱えたまま無謀に戦いを挑む楓。更にはクルトや隔離街送りにされたはずの者たちも戦いに加わり混乱を極める。人もイルも関係なしに喰らう『黒金のイル』と『隔離街組』という二つの敵に挟まれながらも、奈津と美也たち『先輩』に助けられ、リンクによって楓の想いを理解し始めた明日花と力を合わせて強敵に立ち向かう展開は楽しくて心踊る。何だかんだ言いながらもお互いを意識し合う楓と明日花ではあるが「これはリンクによって感情が増幅されているだけ」と誤魔化すも、二人の心の距離は確実に近づいている。最後の想いを重ねて『黒金のイル』を倒す場面を見て、お互いもっと素直になれば上手く行くのに、と思ったもののそうなってしまうと面白い罵り合いが見られなくなってしまうので駄目か。

今回意外な事実が明らかになる美也と『隔離街組』に実の姉がいることが判明した奈津も物語には欠かせない人物になったのが良い。沙耶を中心にした『隔離街組』との本格的な戦いは次回に持ち越しか。また楓にセクハラをする美也に嫉妬に近い感情を覗かせる明日花との関係はどう発展するのか、『黒金のイル』を打ち倒し過去を清算した楓は今後どう成長するのかなど、気になることは多いが…ちゃんと完結までいけますよね、この物語…(売上を気にしながら呻く)