飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

2011年放っておけないオススメの新作ライトノベル

新年1発目の企画と言うことで、

2011年に発売された『新作』ライトノベルの中で「あんなに面白いのに、このまま放っておくとあまり読まれないのでは…」と勝手に考えているオススメの作品を選びました。

うん、僕、失礼な奴だ! 大変失礼な奴だ!

それでも放っておけない気持ちが強い。
読んで損はありません。是非お手にとって頂きたい作品ばかりです。
ということで以下に作品を挙げていきます。

「アキハバラヴァンパイアナイト」 著:七位連一

アキハバラヴァンパイアナイト (MF文庫J)

アキハバラヴァンパイアナイト (MF文庫J)


普通の少年とオタク吸血鬼兄妹のまったりとした共同生活を描く作品。
一巻も面白いですが、この作品は二巻から投入されるあるヒロインが登場してからが本番!
一気に読むと非常に楽しめるかと。

「脱兎リベンジ」 著:秀章

脱兎リベンジ (ガガガ文庫)

脱兎リベンジ (ガガガ文庫)


序盤から読み手の心に鬱々とした想いを溜め込ませ、最終的には吐き出して見返す展開が心地よく素晴らしい。
青春って本当に良いですね。

「G.L.」 著:長野聖樹


1巻の評価が良くないため2巻は読まないと決めてしまった読者が見ます。正直、自分もそうなるところでしたが…もしかしたらと期待して2巻を読みました。
この作品は、2巻から変わる。もう僕は3巻が待ち遠しくて仕方がない。
1巻で読むのを止めてしまった方。読んで下さい!!

「あやかしマニアックス!」 著:夏希のたね

あやかしマニアックス!  (GA文庫)

あやかしマニアックス! (GA文庫)


この作品のオチを読んだ瞬間、僕はこの作品が大好きになりました。
個人的には従妹ヒロインもいて大変気分が良い良い。
今後が楽しみなシリーズ。

「パンツブレイカー」 著:神尾丈治

パンツブレイカー (一迅社文庫)

パンツブレイカー (一迅社文庫)


タイトルに騙されてはいけません。いや、確かにタイトル通りの設定の作品なのですが。
ネット、口コミで一時話題になり読んだ方の評判も上々。
加えて妹の「兄愛」が健気で可愛い!

「全滅なう」 著:十文字青

全滅なう (一迅社文庫)

全滅なう (一迅社文庫)


これもタイトルで惹かれた人とそうでない人が別れた作品だとは思います。
内容は十文字青さんがヒロインの「可愛さ」に拘り創られた青春小説。
ヒロインの夕鶴子が愛おしい。

以上の作品の中には一巻完結のものもあるのでしょうが、シリーズ作品は売れなくては続きが出ないかもしれません。

打ち切りになんてさせねえぞ! 俺は続きが読みたいんじゃ!!