飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「この素晴らしく不幸で幸せな世界と僕と!」感想

この素晴らしく不幸で幸せな世界と僕と! (講談社ラノベ文庫)

この素晴らしく不幸で幸せな世界と僕と! (講談社ラノベ文庫)


純真無垢な天使ッ娘とツンデレ悪魔ッ娘に挟まれてのラブコメ。
『天使』と『悪魔』のイメージを考えると、やっていることが逆転しているドタバタ劇が面白い。

何をやっても駄目な人生。
不幸少年を自認する主人公の神楽坂一樹は、想い人に告白するも見事玉砕。そんな傷心の一樹の元に転がってきたのは、見た目は金髪ロリッ娘の天使だった。困惑する一樹に、天使…セラフは恐怖の大王アンゴルモアを捜しに地上へやってきたという。かつて封印しようとしたものの失敗し、人間の魂の中に逃げ隠れてしまったアンゴルモア。その復活の日が近いと恐怖の大王捜索の任についているセラフだが、誰が見ても頼りない。が、セラフの天使の力によってアンゴルモアが一樹の魂の中にいることが判明。とはいっても一樹ごとアンゴルモアを天界の牢獄に封印するのはあまりにも可哀想だと思ったセラフは、一樹を殺害して天国に送るという無茶苦茶な『善意』からの行動に出る。天使に襲われて大ピンチの一樹=アンゴルモアを救うためにやってきた真面目なツンデレ悪魔ベリアルの助けで難を逃れるも、彼女の口から不幸体質の理由を聞いて驚愕することになる。

天使と悪魔によるラブコメ展開がほとんど。天使セラフは天然、悪魔ベリアルは生真面目な性格であり共通してイイ娘で、同じエッチな行動を取るにしても反応がまるで違うのは読んでて楽しい。あっけらかんと裸を披露するセラフに対して、上の命令によって「一樹とエッチな関係を築け」と言われてもなかなか行動に移せない恥ずかしがり屋の悪魔っぷり。真逆の性格の二人ではあるが、妙に息のあったコンビに見えるのが不思議だなあ。幼い考えのセラフとは違い、女の子らしい反応をするベリアルの方がヒロインらしい。そのためか、一樹の想い人である星野の本当の想いが分かってもベリアルにはもう敵わない気が。

他の講談社ラノベ文庫新人賞がそうだったように、この作品も続きがあるのか…これで終わりにしても良いように思えるけど。