読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「八丈島と、魔女の夏」感想

ライトノベル 一迅社文庫

八丈島と、魔女の夏 (一迅社文庫)

八丈島と、魔女の夏 (一迅社文庫)

〈あらすじ〉
両親の長期出張で俺が預けられた先は八丈島?! しかも、俺を預かってくれる親父の親友は本物の魔女だって!
島に住む少女、真奈との出逢い、そして八丈島の穏やかな生活と魔女エーファのまわりでおこる不思議な事件。俺の波瀾万丈な八丈島生活、ここに始まる!
第一回キネティックノベル大賞佳作

帯の文句通り、八丈島に行きたくなったぞぉ!
確かに物語全体を通して大きな盛り場はない。けれども八丈島での夏の日常は、読んでいて心が穏やかになっていく。この心地良さがこの作品最大の魅力かな、と。
親の都合で八丈島の学校にひとり転校してきた主人公・真名部学と、同じ時期に同じ状況でやってきたヒロイン高遠真奈。この二人を中心に、個性豊かな女の子たちがカフェ『アハトブルク』集まってきてワイワイ楽しそうに毎日を過ごす。そこに魔女を名乗るものの全く不思議さの欠片もない店主エーファも加わり、男子ならばどうやってでもその輪の中に入りたくなるよ!
しかし学の真奈限定のラッキースケベはいったいどういうことだってばよ…(笑)