飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「らぶなどーる!」感想

らぶなどーる! (電撃文庫)

らぶなどーる! (電撃文庫)

〈あらすじ〉
入学式早々、なぜか生徒会の女子寮で居候することになった主人公・トラ。しかし翌日、不可抗力で生徒会長の裸を見てしまう!
退去を覚悟するトラだったが、彼女からここに住み続ける『ある条件』を提示される。それは、着ぐるみ『ラブらん』を着て、学校で奉仕活動をすることだった。
必死に『ラブらん』として活動するトラだが、クラスメイトである美少女・雛姫の秘密──彼女が『ぼっち』であることを偶然知ってしまう。
“着ぐるみ”で女子と密着ラブコメ開幕!

上月司さんはこの作品が初めてだったけど文章も内容もすんなり受け入れられて肌に合う。面白かった!
住んでいたアパートが火事になったことから、生徒会長が所有する「女子寮」に入居することになる主人公・雪村虎太郎というコテコテのラブコメ設定。巻き起こるラッキースケベなイベント…生徒会長・セレスの靴下以外は全裸のトイレ姿を覗いてしまったのはイラスト効果もあってグッジョブと言わざるおえない。が、そのせいで女子寮を追い出されそうになり許して貰う代わりに「生徒会公認・ラブラドール型のマスコット人形」の中の人を務めることに。キツイ労働ではあるものの、その愛くるしさから女子生徒が抱きついてきて完全にご褒美状態。なにやってる俺と代われ!
ロリ容姿の生徒会長セレスを始め、男勝りの幼なじみ娘の空に、その妹の巨乳メガネの蒼海と個性豊かなヒロインが揃う生徒会ではあるが、その中でも一番面白いキャラをしているのが表紙のメインヒロインである百合川雛姫。クールな見た目通りの寡黙な副生徒会長の雛姫は、しかし深く斬り込んで行くと友達がいないことに悩む残念美少女。ぼっち属性が虎太郎にバレて以降の素の雛姫のネガティブマシンガントークはもう吹き出してニヤニヤ見守るしかない。登場初期のクールなイメージは何処へやら一気に好感度が上がっていく。
友達となり仲を深めて行くも、そう上手いこと続かないのが物語。ちょっとした誤解から二人はすれ違い、過去の友人とのトラブルも重なって傷つく雛姫。それでも離れることなく再び友達に戻れたのは虎太郎の根性と着ぐるみのおかげ。そしてこの物語は紛れもなくラブコメであり、最後の雛姫の発言を読む限り、今後は積極的に虎太郎に迫るようで、口元が緩む展開が目に浮かぶ。いやあ、ほんと雛姫可愛いわ!