読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「それがるうるの支配魔術 Game4:ロックドルーム・ゴッデス」感想

それがるうるの支配魔術  Game4:ロックドルーム・ゴッデス (角川スニーカー文庫)

それがるうるの支配魔術 Game4:ロックドルーム・ゴッデス (角川スニーカー文庫)

〈あらすじ〉
夏休み、欧文研メンバーはタマキの田舎で合宿することに。
そこで出会ったのは“神様”と名乗る美女インナミさん。なんとタマキは村祭りの儀式で彼女と一晩過ごすことに!
さらに儀式では、不可思議な事件が発生し!?

欧文研合宿回。晶は置いてけぼりなんですね、不憫な娘…(泣)
タマキの田舎に合宿するということで、今まで曖昧になっていた彼の出自が判明する今回の話。それと同時にタマキはるうるの捜すマルと自分との関係に直面し、大きな山場を迎えることになる。
タマキは『神様』を名乗る美女インナミとの偽夫婦の儀式をすることになり、るうるを始め欧文研の女性メンバーが反対…特にるうるの嫉妬爆発の反応は素直な感情を表していて良いね。インナミはタマキにちょっかいをかけては慌てさせるのだが、酷い目に合ってるようなことを言うタマキであるも、結果だけ見れば十分すぎるほどお釣りがきてると思うのだけど。流石は神様。
アクシデントからインナミの魂が身体に入ってしまった小春は、地味な立ち位置のせいか今までるうると言乃よりも印象がだいぶ薄かったものの、今回の展開でスポットを浴びて目立てて良かったかな、と。小春に同化していたインナミの情報で、彼女に何かしらの問題があるのが確信出来たのは今後の物語展開を考えても重要なイベントでもあった。
最後のインナミに関わるギミックは、最初から彼女を神様と自然に扱うタマキとそれを露骨に疑う言乃の存在が逆に信じ込まされる要素になっていて、インナミの正体を疑ってなかった自分がいたのは驚き。
『タマキ=マル』であることが分かり、今後は物語が大きく動いていく予感がする。