飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「魔法少女育成計画」感想

魔法少女育成計画 (このライトノベルがすごい! 文庫)

魔法少女育成計画 (このライトノベルがすごい! 文庫)

〈あらすじ〉
大人気ソーシャルゲーム『魔法少女育成計画』は、数万人に一人の割合で本物の魔法少女を作り出す奇跡のゲームだった。幸運にも魔法の力を得て、充実した日々を送る少女たち。しかしある日、運営から「増えすぎた魔法少女を半分に減らす」という一方的な通告が届き、16人の魔法少女による苛烈で無慈悲なサバイバルレースが幕を開けた……。
第2回『このラノ』大賞・栗山千明賞受賞作家の遠藤浅蜊が贈る、マジカルサスペンスバトル!

大方の人が想像する通り『魔法少女育成計画』という可愛らしさを含むタイトルに反してとんでもないカウンターパンチをしてくるお話です。面白い。そして衝撃的な作品でした。
16人の魔法少女によるバトルロワイヤル。『神の視点』を持つ読者は魔法少女それぞれの事情を知ることが出来るだけに「生き残って欲しい!」と思うキャラクターはひとりはいるだろう。僕はいた。
たったひとつだけ使える魔法を武器に…あるいは防具にして、次第に殺し合いを始める魔法少女たち。そこには正々堂々真っ向勝負というのはほとんどなく、心の隙をつくような展開ばかりで鬱々としてくる。
それでも生き残るために…運営側によって提示された枠の数の中に収まるために。そう、この物語でもっとも機能したギミック。読者が刷り込まれた罠は「脱落者の数」だと思う。最初は16人の内8人。つまり半分は生存できる。しかしそれが裏切られたと分かった瞬間、どっと手に汗が。絶望的な展開に向かうラスト。
そこに救いがあった。何処までも突き落とそうとする物語の最後に救いが。本を閉じた後の余韻が決して悪いものにならなかったこの着地点のおかげ。
とにかく読んで欲しい。最後までそう思わせてくれた作品で良かった。