飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「妹は僕に手を出すなっ! 」感想

妹は僕に手を出すなっ! (GA文庫)

妹は僕に手を出すなっ! (GA文庫)

〈あらすじ〉
「はやく、しましょう……んっ」
「キス!? しないわよ、バカッ! 」
「なに考えてんだ、ふたりとも! ?」
高校生・藤本孝美、17歳。ごく平和な彼の生活で、ひとつの大きな悩みは、ツンな妹、晶とのこじれた仲。
そんななか、突然、孝美の前に同じ顔をしたデレな妹が現れる。それは、幼い頃に別れた、晶の双子の妹、シズカだった!
同じ顔を持ちながら、かたやツン、かたやデレというややこしい双子からの
ストレート&ねじ曲がった愛情と誘惑とアレな行為に、孝美の限界値も突破寸前! ?
そして、シズカによる密かなたくらみとは……?
ツンな妹とデレな妹に挟まれた少年のツインズ×ラブコメディ開幕!

シナリオライター兼デザイナーである木緒なちさんの初のライトノベル。僕はラノベ一辺倒なのでこの物語が木緒さん初作品になるけれど、デザイナーの方のお仕事は何度も見ているみたいです。はい、すいません。ライトノベルの装丁を手掛けている方を意識するようになったのは最近ですから!!
と、言い訳にもならない話はここまでにして内容について。
面白かった!ここまで丁寧に「ラブコメ」を描いてくれると勢いで飛ばすこともなく1ページ1ページ大事に読めた。
まず冒頭の掴み。ラブコメの導入としてはお約束ではあるけれど、健康的な男子としてこの始まり方に興味を引かれない野郎はいないんじゃないか。主人公の藤本孝美と彼の双子の妹、晶とシズカの三角関係がこの数ページのやり取りで頭にするりと入ってくる。
家族として二人で暮らしているものの、ほとんど会話のない孝美と晶。そんな冷めた関係が動き出すキッカケ…爆弾となるのがもう一人の妹であるシズカ。八年ぶりに現れたシズカは兄に結婚まで迫る積極的なアプローチをするせいで、本音では兄を兄以上に想っている晶の心が揺さぶられること揺さぶられること。「シズカは妹」と拒み続ける孝美ではあるが、第三者から見れば彼もまた揺さぶられていてそりゃあ晶も不安になりますよ。それでも素直になれずツンな妹であり続ける晶。一方押したり引いたりと見事な攻めを見せるデレな妹のシズカ。もはや勝敗は決したか…と思ったその時、変態幼馴染の都子の助言により壊れた…じゃなくて吹っ切れた晶の攻撃が開始される後半。ずっと素直になった晶の可愛さといったらもう。今までの会話のない生活が嘘のように距離を縮める孝美と晶。家族としてのカタチを取り戻す二人の姿に温かいモノを感じる。そんな二人の関係を呼び戻すことになった兄想い・姉想いのシズカ…かと思ったら何という策師。シズカさん何処まで本気なんですか(笑)お兄ちゃんを取り合う関係はまだまだ続きそう。
ところで兄妹間でのラブコメが前面に押し出されているため、本来ならばとても良いヒロインポジションにいるはずの後輩の葉月。登場そのものはそんなに多くないのに持ち前の妄想力で存在感を発揮。続きが出るのならば是非彼女の登場を増やして下さい。