飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「俺、ツインテールになります。」感想

俺、ツインテールになります。 (ガガガ文庫)

俺、ツインテールになります。 (ガガガ文庫)

〈あらすじ〉
観束総二はツインテールを愛する普通の高校生。ある日、彼の前に異世界から来たという美少女・トゥアールが現れる。
時を同じくして、総二の住む町に怪物たちが出現!「この世界の全てのツインテールを我らの手中に収めるのだ!」彼らは人々の精神エネルギー『属性力』を糧に生きる異世界人だった。
トゥアールから、強力なツインテール属性で起動する『空想装甲』を託された総二は、幼女のツインテール戦士・テイルレッドに変身!
こうして異世界の変態たちとの壮絶な戦いが始まった!?
第6回小学館ライトノベル大賞審査員特別賞受賞作。

おまえがツインテール大好きなのは分かった。痛々しいほどに…な。
はい。ツインテールだよ。タイトルでお察しの通り、ツインテールが大好きな主人公が活躍するおバカなライトノベルです。でもこれでもかってくらい熱いバトルがあり盛り上げてくれます。熱いツインテール愛とバトル。飽きずにサクサク読めました。
設定があまりにおバカすぎるせいで、巨大な敵に『攻撃』されているにも関わらず、恐ろしいくらい緊張感がないのでどんな展開になっても笑ってしまう。
主人公の総二は自分の想い描く理想の「ツインテール娘」になり、異世界の技術を駆使した装備で戦う。本人が意図したことではないにしても、総二のツインテール愛が元になっているので…うん、ついていけないっす(笑)
そんな総二は支える…のではなくひたすら迷惑かけてるとしか思えないヒロイン二人。幼馴染ツインテール娘の愛香と、異世界からやってきた銀髪発情娘のトゥアール。総二を巡りとにかく仲の悪いこの二人は、のっけから暴力沙汰に発展しててある意味ラノベではなかなかないヒロインの関係を築いている。というか暴力振るってるのは愛香ばかりで、それを受けても全くめげないトゥアールが凄い。物語後半からは愛香も変身して総二と共に戦うことになるのだが、圧倒的な総二人気なのに対し、正真正銘のツインテール娘の愛香の人気の無さが泣けてくる。胸か、胸が平だからか!
読み終わってもうお腹いっぱい。怒涛の熱い笑いの展開に満足の一冊でしたわ。トゥアールの発情っぷり。ご馳走様でした。