飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「いるか寮の少女たちは恋できない 2」感想

いるか寮の少女たちは恋できない〈2〉 (電撃文庫)

いるか寮の少女たちは恋できない〈2〉 (電撃文庫)

〈あらすじ〉
春の体育祭で、女子との強制二人三脚をすることになってしまった女性恐怖症の浩一。
しかもよりによってその相手は、普段からあまりそりが合わない「いるか寮」のメンバー・竜浪竜子だった。
練習につぐ練習、そしてキケンなトラブルにつぐトラブルの日々の最中、浩一は竜子の抱える想いに触れるが――テストやライバルの登場など、さらなる苦難到来!?
果たして浩一は竜子の大切な物を守れるか!?

このラッキースケベのスキル。もはや神の御業。いや、ラブコメ主人公の大半に言えることなんだけどね(笑)
今回は男嫌いの竜子メイン回。当然嫌われている小熊が、助っ人参戦した部活と試験勉強、そして体育祭での活躍を通して距離をぐっと縮めて行く流れ。メインヒロインの美空は竜子と親友ということもあり出番があるが、他のヒロインの出番無さが寂しいのですが。ひとりのヒロインにスポットを当てて話を作っているので次回以降は別のヒロインが活躍してくれるのかな。
男勝りの竜子が実は女性らしいスキルをしっかり身につけているなどお嫁さん向きな方だったんですね。美空に続き竜子も小熊の女性恐怖症克服に積極的に加わる=攻略となり、次は果たして誰かなあ。