飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「ベッドルームで召し上がれ 2」感想

ベッドルームで召し上がれ〈2〉 (電撃文庫)

ベッドルームで召し上がれ〈2〉 (電撃文庫)

〈あらすじ〉
ゆずりの『禍姫』を打ち倒し、あらためて『ベッドルーム』に所属することになった宵原蓮。
ゆずりとの仲も急接近──と思いきや、そのあいだにスミレが割り込んできた!
「ボクが蓮をもらっていってもいいんだよね?」
そう告げるスミレに、ゆずりは狼狽のあまり、ある勝負を受けることになる。
学園添い寝ラブコメディ、第二弾!

いやいや。この前半だけ読むと甘いラブコメにしか思えないんだけど、こうなることは分かり切っている黒い後半に繋がるドロドロとした伏線は見せていた。
蓮に急接近するスミレ。そしてそんな彼女の積極的な行動に嫉妬メラメラのゆずり。ベッドルーム内の人間関係が見えてくるこの展開は良いなあ。女性だけの空間だということである程度みんな仲が良いものかと思っていたが、過去に親しい人たちに裏切られたスミレはそうではなかったと。今回、彼女は蓮の力を利用しようとする中で彼に惹かれかかるが、心の予防線が働いて正直に生きられない。やがては禍姫を孵らせて『暴力』に訴え出るも、それに屈しない蓮に止められる。死んでるので死なない、ある意味反則な存在である蓮も大概であるが、テパもまたゆずりも禍姫の力を吸収していることをサラッと示す恐ろしい場面も。テパは敵か味方かほんと分からないよなあ。
スミレは過去を払拭して前に進み出す。全力で向き合ってきた蓮に心から惹かれるのは当然の結果か。脇役を強いられた月歌と
彼岸は次回以降の活躍を期待…特に月歌は話を盛り上げてくれそうな勢いを感じる。
しかしわらびちゃんは残念な娘ですなー(笑)