飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 5」感想

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。5 (ガガガ文庫)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。5 (ガガガ文庫)

〈あらすじ〉
長いようで短い夏休みも、もうすぐ終わり。小町といつもの日々を過ごす八幡の家に、結衣が訪れる。
さらには戸塚からの誘い、クラスメイトからの頼み事……。
そして花火大会で偶然再会したのは、雪乃の姉・陽乃だった!
群れない、期待しない、押してダメなら諦めろ――。
人間関係において間違った悟りの境地に達し、孤高を貫く“ぼっちの達人”八幡のスルースキルをもってしても、見過ごせない、やり過ごせない事実が雪乃、結衣、八幡の3人の関係を少しずつ変えていく。
間違い続ける青春模様、ターニングポイントの第五弾!

俺ガイルアニメ化決定おめでとうございます!
ブログ開始時から応援してきた作品がついにアニメ化ですよ。勢い余って5巻4冊も買っちゃった!
表紙の戸塚が天使すぎるせいだね。ぺろぺろ。
短編形式で贈る俺ガイル5巻。メインキャラクターたちにスポットが当たる物語の中で、必ず話題に上がる存在。八幡は彼等と接しながら『雪ノ下雪乃』という人を想う構成になっている。
序盤、八幡の家を訪れた結衣が雪乃のことを気にかける様は実に彼女らしい行動と思ったが、ある部分でそれが間違いであると感じる。奉仕部に関わる前の「人間関係を気にして」の言葉とは違い「大切な人を想って」の言葉に大きく変化している。
こうして雪乃のことを想い、モヤモヤとした気持ちを抱えたまま物語は始まる。
川崎沙季とその弟との『進路相談』は明らかに相談する相手が間違っている気がしてならないが。とはいえ沙季の交友関係では相談相手が選べるはずもなく。沙季もとっつきにくい性格ではある、が、雪乃ほどではない。今回の話で、沙季がどれほど素直な人物かが分かるから。彼女は努力の人なんだよなあ。沙季かわいいよ沙季。
戸塚(ついでに材木座)との話は、表紙の通りの男オンリー。なのに、女子が登場するよりもラブコメになるのは戸塚が天使だからです。八幡絶対に許さない。材木座は早く家に帰ってください。戸塚ぺろぺろ。
平塚先生のお話。毎度の「行き遅れ」ネタを交えて展開されるものの、後半は生徒を想う彼女の気持ちが本物であると分かる流れに。雪乃の背景を八幡に伝えたのは、八幡ならこの状況を何とか出来ると思ったが故か。平塚先生、アンタは教師の鏡だよ…だから早く貰われてください、いっそ貰いたいです。
誰よりも広い視野で物語を見つめる小町。気難しい兄を受け入れて生きている小町は、だからこそ孤独な雪乃を心配する。雪乃だけではない。結衣と兄の関係も気にかけて助け舟を出す小町はこの物語の良心だよ。
八幡と結衣。二人で花火大会。明らかにデートな展開なのに、ラブコメ的な盛り上がりを見せないところがこの作品らしい。そして八幡らしい。結衣との関係を進めるどころか、ストップ、冷静に状況を見つめてしまい、いつもの斜に構えた考えをする。結衣との花火大会の場だけでなく、これまでの短編全てであった八幡の考え。その全てが間違いではない。だけれども、雪乃という存在とぶつかるのに、果たしてこの考え方を貫き通していいのだろうか…八幡と、そして結衣を不安にさせる陽乃を見ていると、「赤の他人が余計なお世話」と思いそうな家族の問題まで首を突っ込まないと雪乃との壁は取りは払えないように思える。
変わり始めた関係。変わり始めた想い。八幡…このままで良いのか?間違いだらけの青春ラブコメ。だからもっと間違ってしまっても良いじゃないか。
物語のターニングポイントであったと同時に、イラストを担当しているぽんかん(8)さんの画力を更に感じられた巻でした。物語と絵、今後も両者を楽しめる作品であって欲しい。