飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「僕の妹は漢字が読める 5」感想

僕の妹は漢字が読める5 (HJ文庫)

僕の妹は漢字が読める5 (HJ文庫)

〈あらすじ〉
クロハのやきもちがだんだん強くなるのを感じながらも、ギンはユズや妹たちと楽しい日々を送っていた。
しかしある日、チョウマバヤシ博士がギンに不吉な話をする。
「君がクロハと結ばれないと、彼女は消されてしまうのだ――」歴史を左右する危険因子となったクロハに伸びる魔の手。
愛するみんなと萌え文化のため、ギンは本当の未来を切り拓く!

完結…だと!?まさかこの日を迎えることになるとは…何だか寂しい。
当初、イロモノ扱いされていたこの作品も立派なラブコメとして完結を迎える。ある意味で制限のある世界観で、これだけ物語を描けるのだから今後の新作も期待してしまう。
オチはある意味分かってはいたこと…これ以外の選択はないよね。ただまあ、選ばれなかったヒロインが可哀想だと感じてしまう気持ちが切ない。当人が前向きななので読者が悲しむことではないとは思うんだけど。僕がお嫁さんに貰いたい。
かじいさんの次回作に期待期待!!!