読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「僕と姉妹と幽霊の再会」感想

ライトノベル このライトノベルがすごい!文庫

僕と姉妹と幽霊(カノジョ)の再会(コンタクト) (このライトノベルがすごい! 文庫)

僕と姉妹と幽霊(カノジョ)の再会(コンタクト) (このライトノベルがすごい! 文庫)

〈あらすじ〉
無意識に幽霊を引き寄せる桃果の能力のせいで、再び生霊として目覚めた紫音。
紫音は桃果を「よりしろ」にしてしまったため、二人は四六時中行動を共にすることになり、紫音・桃果・クロの間に微妙な空気の三角関係が構築される。
そんな最中、桃果が部長を務めるオカルト研究部に訪問者が現れる。
高津浅葱と名乗ったその少女は「兄の幽霊を成仏させたい」と相談を持ちかけてきて……。
第2回『このライトノベルがすごい!』大賞・優秀賞受賞作第3弾!

ついに僕らの緋色さんが表紙に。こんなに嬉しいことはないよ…!

クロと桃果、生霊として再び現れた紫音の三角関係。オカルト研究部に入部してきた浅葱が持ち込んだ幽霊トラブル。そして緋色のクロに対する想いが入り乱れる。

桃果クロを好きになったものの、彼の想い人であり未だ意識を取り戻さない紫音を無視することが出来ず、その想いが紫音の生霊を呼び起こしてしまう。素直というか真っ直ぐというか。どう考えても敵に塩を送っている桃果のスタンスではあるが、実に彼女らしい想いではあると思う。そんな桃果の想いを知っている紫音の心境は、自分の今の在り方も含めて複雑ではあるけれども、クロを素直に桃果に託す気はないようだ。この二人の透き通ったライバル関係に好感が持てる。

一方、三角関係とは別の、もうひとつの恋のお話。
実兄・蘇芳に取り憑かれた浅葱は彼を成仏させようとオカルト研究部を訪ね、入部する。クロという通訳を介して変態発言をする蘇芳に不快感を示す態度を取っていたが、この兄妹の関係の真実を知った時、今までの流れがひっくり返るような驚きに包まれる。
それは同じく姉弟である緋色とクロにも衝撃を与える。微妙な緊張感を抱きながら接していたクロが、姉弟として近づいた瞬間であったものの、緋色としてはそれでは不満らしいのが良く分かる。紫音と桃果という巨大な双璧がいるから、緋色さんは厳しい戦いを強いられるな。

桃果の恋心を知ったクロ。そのクロは紫音を絶対に生き返らせると約束する。一層想いが深くなっていく三角関係は、いったい何処に行き着くのだろうか…。