読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「生徒会探偵キリカ3」感想

生徒会探偵キリカ3 (講談社ラノベ文庫)

生徒会探偵キリカ3 (講談社ラノベ文庫)

〈あらすじ〉
生徒数8000人超の巨大学園を牛耳る生徒会で、書記として働き始めた僕。
やってきた高校最初の夏休みは楽しい遊びやイベントでいっぱい……では全然なくて、いつものように生徒会室で変人ぞろいの女たちにいじくられながら、舞い込むトラブルをさばく日々だった。
暴走気味の風紀委員長さんとは、カンニング疑惑を巡って真っ向勝負で正義を戦わせ、夏といえばプール!の水泳対決では副会長の美園先輩の腹黒さとナイスバディが
炸裂? 《生徒会探偵》キリカも諸般の事情でついに水着に!
色々と真っ盛りのハイテンション学園ラブコメ・ミステリ、第3弾!

よし、お前等おちつけ。順番でいこう。いいか?まず俺がひかげを殴る!
ひかげハーレムが完成しつつある状況に苛立ちを募らせる男子生徒諸君に混ざりたい。そのくらい今の僕は嫉妬に身を焦がしているぞ!

カンニングに水着盗撮と、学園内で起こる事件をキリカとともに解決して行くのはいつもの調子であるが…。
ひかげを囲むヒロインズの勢いはいつもとは比にならない熱いモノを感じた。
弄られまくるひかげを間に挟んで、ポンポン会話のキャッチボールが成される。キリカも美園さんも薫も「お前等わざとやってるよね?」と思うくらい会話がハマって面白い。ページを捲る手とニヤニヤが止まらないよ!

ある意味でキリカたち以上に素直すぎる反応をしていたのが朱鷺子さん。ひかげの部屋を訪問する言い訳がもう…可愛い!
美園さん推しだったけど、これからは朱鷺子さん推しで行こうと思いました(誰も聞いてない)
朱鷺子さんの水着イラストはよ!

ラブコメ調でサクサクお話が進行していく今回。
しかし最後に姿を現した『伝説の五役』のひとり伊吹真央が、不穏な空気を持ち込み、ひかげの想い暴露する。
ひかげは誰かに仕える人間ではない。
狐徹の前で明かされてしまい、今後は暢気にラブコメしてられないよなあ…と思ったが、相手はあの狐徹だからテンション変わらない気がする。とはいえ、話の方向性のひとつが示されたのは良かった。
将来的にひかげをキッカケに分裂するかもしれない生徒会は、これからどんなラブコメを見せてくれるのかな。