読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「剣澄む TSURUGISM」感想

剣澄むーTSURUGISMー (このライトノベルがすごい! 文庫)

剣澄むーTSURUGISMー (このライトノベルがすごい! 文庫)

〈あらすじ〉
西暦2020年、日本には特別に帯刀を許された「御三家」と呼ばれる組織があった。
あるとき、「刀狩り」と呼ばれる謎の剣士が現れ、御三家の剣士の刀を次々と奪っていくという事件が発生する。
父もまた「刀狩り」に襲われたと知らされた上泉綱義は、実家に戻り、蔵に捕えた「刀狩り」と対面する。それは縄でぐるぐる巻きに縛られた、自らを妖刀村正と名乗る少女だった――。
第3回『このライトノベルがすごい!』大賞・優秀賞受賞作!

近未来の日本でありながら、剣に覚えのあるモノたちが闊歩するアンバランスな背景であるが、そのギャップが面白いところ。

帯刀を許された『御三家』の一角、上泉家の綱義は家を出て道場破りをするほど腕に覚えのある剣士。そんな綱義が、上泉家の跡取りであるが身体の弱い弟・信景に変わり、御三家で行われる御前試合に出るため、とある妖刀を手にしたところから物語が加速してしく。

妖刀・村正は幼女だった。
雁字搦めで緊縛されていたどう見てもロリ娘な村正と契約した綱義。しかしその幼い見た目とは違って、大人びた言動を取る村正に振り回される綱義の困惑が良く伝わってくる。
次第に村正と打ち解け、二人の距離が近づいてくると今度は「妖刀としての欠陥」が分かってきて、綱義を慕う村正の苦悩が窺える。それでも最後には村正を信じた綱義の男前な言葉が村正の心を救い出す。

綱義がデレデレし続けた相手は村正ではなく、弟の信景なのがこの作品の良いところなのか悪いところなのか(笑)
ブラコン全開の兄弟関係にも、最後しっかりオチをつけたのも良かった。刀子の信景への心酔するっぷりもこれなら頷ける。

また剣客同士の火花散る殺陣も実物。綱義含め、曲者揃いの剣士の戦いは楽しかった。