読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「パパのいうことを聞きなさい! 11」感想

パパのいうことを聞きなさい! 11 (集英社スーパーダッシュ文庫)

パパのいうことを聞きなさい! 11 (集英社スーパーダッシュ文庫)

〈あらすじ〉
新学期を迎え、それぞれに進級する三姉妹と祐太。
空は陽子と違うクラスになってショックを受ける。美羽もひなも少しだけ変わった新しい環境に早くも馴染み始めている。
一番大きく変わったのが莱香だ。八王子を離れ、新宿のキャンバスに移った莱香は、ロ研の仲間たちと離れた新たな暮らしと、自分の胸の中に宿った初めての気持ちに戸惑っていた。
そんなことも知らず、祐太は佐古たちと新入部員獲得の為に奔走するが……
優しさ溢れる大人気ドタバタアットホームラブコメ第11幕!

季節は巡り、今の家族で始めて送る春がやってきた。環境の変化に戸惑う空は、祐太に対する恋心にも心穏やかではいられない。そしてもうひとり。莱香の胸に芽生えた感情は、今後のこの物語を見守る上でとても大切なものになる。

新生活による影響もあるが、何よりも前回サーシャが周囲に与えた衝撃は大きい。祐太へのキスは、結果的に眠れる獅子を起こした形になる。
莱香の恋心。正直、もうこの作品は11巻だ。祐太と莱香…言ってみれば主人公とメインヒロインの恋の展開を押し進めて欲しいところだったので、この流れは願ったり叶ったり。そんな状況に動揺を隠せない空のあたふたとした心理を見ていると、一歩一歩祐太への想いを強くしていく莱香には「敵わない」感じがしてきて、ちょっと可哀想に思うなあ。今回空は親友周りの恋の展開に振り回されていたので、自分の成長にも繋がったとは思うが脇役に徹している。

莱香の家族を巻き込み、一人暮らしの危機に陥るも、祐太が話をつけにいったのも、三姉妹がサポートしたのも、みんな莱香のことが想っているからだ。この家族は、莱香に大きな変化を与え続ける。
最後に莱香が見せた嫉妬。その感情は祐太を巡る恋の戦争に決着をつけるのか。恋に目覚めた莱香は、他ヒロインにとっては恐ろしい敵になるよねえ。