飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「覇剣の皇姫アルティーナ」感想

覇剣の皇姫アルティーナ (ファミ通文庫)

覇剣の皇姫アルティーナ (ファミ通文庫)

〈あらすじ〉
剣も弓も苦手で、本ばかり読んでいる落ちこぼれ軍人のレジス。
左遷された辺境で、彼は運命を変える少女と出会う。赤い髪、紅い瞳を持ち、覇者の大剣を携えた皇姫アルティーナ。
落胤が故に、14歳にもかかわらず、辺境軍の司令に任じられていたが、彼女は己の境遇を嘆くことなく、とある大望を抱いていた。
「あなたを信じるわ」少女から軍師として求められたレジスは共に困難へと立ち向かっていく。
覇剣の皇姫と、読書狂の青年が織り成す覇道戦記ファンタジー!!

「むらさきさんゆきやさんが…戦記…?」と思ってしまうほど、特定の性癖の方向け作家のイメージを持っていたので、これは意外。GA文庫デビューの作家さんがファミ通文庫で書く、というのも驚き。

これはまだ始まりの物語。
辺境に左遷された読書狂の軍人レジス。
父と兄に虐げられ続けた皇姫アルティーナ。
世の中の歪みを感じる少年と少女。二人が出逢った時、国を相手取る壮大な戦いの幕が開ける。

大好きな読書以外は何処か冷めた感じの気弱な少年レジス…かと思っていたが「こんなの出来て当然です」と、辺境で起きる問題を解決していく様には『自信』というよりも、『確信』を抱いて行動しているように見える。そんなレジスもの確信を揺るがす存在となるのが、同じように辺境に飛ばされてきたお姫様アルティーナだ。
自分の運命を切り開くため。そして国の運命も切り開くために。軍師として、才能を魅せるレジスの力を借りて、打って出ることを決意する。その最初の相手となるのが辺境の事実上司令官であるジェローム。決意を胸に、覚悟を固めたアルティーナの熱き心に答えるべきかどうか…男なら首を横に振るなんて出来やしない。

ジェロームとの決闘に勝利し、国取りの足場固めの一歩を踏み出したアルティーナ。対してアルティーナに決意を見せつけられるだけで終わってしまったレジスは、次回大きな見せ場があると良いな。