読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「大奥のサクラ 現代大奥女学院まるよんっ! 」感想

ライトノベル 角川スニーカー文庫

大奥のサクラ    現代大奥女学院まるよんっ!  (角川スニーカー文庫)

大奥のサクラ 現代大奥女学院まるよんっ! (角川スニーカー文庫)

〈あらすじ〉
蛍の計らいで豊臣秀影とラブラブな逢瀬していたさくらだが、大奥の生徒2人が惨殺された事件を解決せよとの命が下る。
原因を探るため城下町へ向かったさくらのもとに、腐肉食堂の“鴉”として秀影が現れて――!?

もうイチャラブはやめてー!蛍のライフはゼロよー!
自分の計らいとはいえ、目の前でイチャコラしているさくらと秀影の姿は毒にしかならないわ。しかしそれを見て、何処か疼いている感じの蛍はイヤラシイ娘です!

『大奥』『黒船』『新撰組』
三つの勢力の激突を予感しながらも、愛しい人と時を過ごすさくらと秀影。毎度のことながら、この大切な時間は長くは続かず、血の舞う戦いに彩られていく。
『大奥』の序列上位者が城下で殺害されたことから、調査を始めるさくら。そこにサラッと加わったのが『鴉』となった秀影。調査がいつの間にかデートになっているこの緊張感のなさ…と思っていたのも束の間、武装した一般人に襲われたり、『新撰組』の登場に吸血姫、更には秀影の古巣『腐肉食堂』の暗躍など、どういう勢力図になっているのか分からなくなるほど立て続けに事態が動く。

血塗られた道。
その道から逃げることを迫った育ての母に、否を突きつける秀影。秀影とさくらの幸せは、戦乱の中にはない。しかしそこから目を背けようとするには、あまりにも血を流し過ぎた…もう突き進むしかないのだ。
愛を貫くために。身を犠牲にして立ちはだかる鎌切と戦うさくら。愛に見捨てた鎌切に、愛をぶつけて戦う彼女の姿は血に塗れているが、なんと美しいことか!

死闘を繰り広げ勝利したさくらの目に飛び込んできたのが、秀影に懐く吸血姫というのだから、どっと疲れる訳です。大奥ならず外にもハーレムを築くつもりですか!
黒姫たちや銀狼姐さんにはそろそろ活躍して貰いたいですねえ。