飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「盟約のリヴァイアサン」感想

盟約のリヴァイアサン (MF文庫J)

盟約のリヴァイアサン (MF文庫J)

〈あらすじ〉
天空より飛来するドラゴンの襲撃に、人類が脅威にさらされている現代。
人は魔術によって創造された蛇霊体《リヴァイアサン》を駆り、抗戦の日々を送っていた。
“蛇”の契約者にして、竜を討ち滅ぼす救世の戦乙女――《魔女》。
彼女たちの契約をプロデュースすることを生業とする少年、ハルこと春賀晴臣は、幼なじみで欧州屈指の魔女、アーシャの(強引な)要請で3年ぶりに「東京新都」に帰還する。
妖精のような容姿の少女に連れ添って、高校転入に拠点確保と奔走するハルだったが、突如、上位種のドラゴン“ソス”の襲撃に遭い――!?
いま、竜と竜殺しの新たな神話が息吹きを上げる!
至高の《新生》エンタメ、堂々開幕!

丈月城さんの作品を初めて読みましたが、面白かった。
ドラゴンを題材に、盛り場のしっかりある物語展開で更にダブルヒロインのアーシャと織姫が可愛い!(ここ重要)
ヒロインたちはただ可愛いだけでなく、芯のある行動を取りながら戦いに挑む姿を魅せてくれる。

舞い降りた怪物…ドラゴンの襲撃によって世界の一部を奪われた。強力な力を持つドラゴンに対抗するため、人類はドラゴンと似せた『リヴァイアサン』を創り出し『魔女』と契約して戦ってきた。その『魔女』と『リヴァイアサン』の契約を仲立ちをする特殊な職に就く主人公の春賀晴臣…ハルは幼馴染のアーシャと、『魔女』の卵であるクラスメイトの織姫とともに、上位種のドラゴンとの激しい戦いに身を投じる。

エンターテイメントとして良く出来た物語。
斜に構えた性格に見えて根は真っ直ぐなハルと、儚げな美少女に見えて中身は肉食獣のアーシャの幼なじみコンビが夫婦漫才のようで実に面白い。鉄板のカップルに思えたが、織姫がハルに関わってきてからはそちらもそちらで良いコンビに見える。一本気な性格のお嬢様である織姫のハルへのプッシュはアーシャが危機感を覚えるほど。アーシャと織姫。正反対の見た目の美少女ではあるが、どちらも引かない性格の挟まれてもからかう側でいられるハルの余裕はなんなの…とはいえ、織姫のほぼ裸体を見ては流石に余裕ではいられなくなったけど。

『リヴァイアサン』を呼び出し戦う『魔女』とは違い、裏方職になるハルの活躍に不安はあったものの、『悪魔』を名乗る少女から受けた力によってヒロインたちと一緒に戦うことができるようになる。女の子だけに戦いを任せるのはいけないことだと思うので、主人公はこうでないと。ハルが受けた力の正体と意味はこれから明かされていくのかな。アーシャと織姫のヒロイン戦争も見逃せない!