飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「のうりん 5」感想

のうりん 5 (GA文庫)

のうりん 5 (GA文庫)

〈あらすじ〉
現代動物調教研究同好会――通称『どうちょけん』。
それは私、良田胡蝶が新たに創部した、人と家畜の心を通わせるための部活である。
古来より人類は動物を伴侶とすることによって栄えてきた。畜産なくして人類の繁栄はなく、 だからこそ……ん〜? どうちたんでちゅか若旦那?
おなかペコりんでちゅかー? ママが食べさちてあげまちゅね〜(ハート)
……そんな私の前に立ちはだかる黒い影! 飛騨高山のライバル校、過激な動物愛護団体、そして……謎のサングラスの男!! 貴様は――!?
人は虚無の畜産にぬくもりを見つけられるか!? おっぱい大増量で贈る農業高校ラブコメ、緊迫の第5弾!
――君は、牛の涙を見る。

バカみたいに笑って…かと思えば泣いて…そして最後にはまた笑わせて頂きました。

「君は、牛の涙を見る。」この帯文句から想像していた通りの『Zガンダム』パロ!
クワトロ大尉のダカール演説の見事なパロディは、もう笑って良いのか感心して良いのか分からなくなるほどクオリティ高いな。

ギャグで引き込んでからシリアスでしっかりまとめる。
今回扱うテーマは『畜産』ということで、表紙の通りおっぱいさん…ではなく良田さんがメイン。
そしてテーマから分かるように、命の問題にも触れていく。

バカと真面目の境界線上に立つ良田さんの行動は想像の斜め上を行ってちょいちょい場を引かせるのだが、基本的に彼女は滅茶苦茶可愛い。改めて言わなくても『のうりん』読者なら、良田さんが可愛いことは十分過ぎるほど分かっていると思う。それでも言いたくなるほど、今回の良田さんは可愛くて、愛おしくなる。そんな良田さんの魅力に鈍感にも程がある継が気付いてくれることを切に願う訳です。まあ今回、二人の仲が下ネタを通して縮まる話もあって良かったかと。

終盤戦までのギャグてんこ盛りとは打って変わり、最後は家畜たちの命の問題。人間の倫理観に迫る。
「私たち農業従事者は奪うために命と向き合います」
そのことを「仕方がない」ことと分かったようなことを口にして、それ以上の思考を止めてしまうのはあまりにも無責任ではないか。
しかし「何が正しいのか?」「何が間違っているのか?」「では、どうすればいいのか?」提示される問題に対して、答えは出せない。
それでも考え続けることは、決して無意味なことではない。意識することで、僕等は命を大切に想うことができるから。
「殺さないで」良田さんを動かした林檎の命を大切に想う声が、いつまでも僕の心に響いている。

と、しんみりとさせて次回は随分と明るい幕開けになりそう。
今回酷いくらい伏線が張ってあった人物・ナタリーの存在。良田さんに押されっぱなしだった林檎と農の二大ヒロインも穏やかでは入られない。

ところで今回、シューたんがさり気なく投稿者として出て来ていたのでとても気分が良いです。