飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者5」感想

アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者5 (講談社ラノベ文庫)

アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者5 (講談社ラノベ文庫)

〈あらすじ〉
日本から異世界への通路でつながった『神聖エルダント帝国』、そこはドラゴンが空を飛ぶファンタジー空間!
そんな世界にオタク文化を浸透させようと創設された交易会社『アミュテック』の総支配人の加納慎一がなんと誘拐されてしまった!
企てたのはエルダントの敵国バハイラム。
しかし、様々な政治的な思惑から誰も助けに行かれない? こうなったらと、慎一付きのメイド少女ミュセルが独力での『旦那様』奪還を決意。
ミュセルを中心にした数人の志願者で救助は成るのか?
そもそも『バハイラム帝国』とは、どんな国なのか?
そのあまりにも意外な慎一誘拐の動機とは? さらに救助隊の切り札は……な、なんと!?

慎一が攫われたぞー!
と、いうことで初めてエルダント以外の異世界の国の土地を踏むことになる慎一。ケモナーたちの国バハイラムとエルダントとの文化の違いに驚きながらも、現地の軍人(美少女)たちと上手く関係を築いて彼等の想いを変化させ、見事「侵略」に成功する。

一方、慎一が誘拐されらことで一大決心を固め行動に移したのが、健気な僕達のメイドさんミュセル。彼女に突き動かされるように、慎一を慕う者たち救出部隊を結成する。慎一の一人称視点で物語を展開してきたが、今回エルダント側の動きをミュセルの視点で見せたため新鮮。それと同時にミュセルがいかに純粋な心を持つ少女であるか分かる…のだが、ちょっと危うすぎるくらい純粋だろ(笑)ミニミで武装したハーフエルフのメイドさんとはいったい…(震え声)

そんなミュセルの想いを他所に、クラーラとお約束のようなキャッキャウフフなやり取りをしている慎一はミニミで撃たれても蜂の巣になるべきだと思います(真顔)

慎一は人を変える。その影響力は留まることを知らない。それを理解するエピソードだった榊さんは本当に書き方上手い!