飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「デート・ア・ライブ6 美九リリィ 」感想

デート・ア・ライブ6  美九リリィ (富士見ファンタジア文庫)

デート・ア・ライブ6 美九リリィ (富士見ファンタジア文庫)

〈あらすじ〉
九月八日。天宮市内の高校一○校が合同で行う文化祭――天央祭が迫る中、実行委員として準備に大忙しな五河士道は第6の精霊と接触する。
「これは……歌……?」
無人のステージで光のドレスを纏い、無伴奏の独唱をする精霊、美九。早速デレさせるため、会話を試みる士道だが……。
「何喋りかけてるんですかぁ? やめてくださいよ気持ち悪いですねぇ。息をしないでくださいー」
話すたびに好感度が下落していってしまい。凄まじいほどの男嫌いなアイドルの精霊をデートして、デレさせろ!?

口絵の士織ちゃんが可愛すぎてなかなか本文を読み出せなかった。凄まじい魅力。
まさかデート最強のヒロインがここで生まれるとは…!(わなわな)

今回攻略する精霊は「声で人を支配する」ことのできる美九。ひとつの女学校を支配化に置く『アイドル』美九は大の男嫌いということで、男である士道にとっては難敵であるが…男が嫌われるのなら女になれば良い。とても分かりやすい理屈で完璧な女装を強いられた士道もとい士織は、残念ながらこれまで登場したどのヒロインよりも可愛かった。

女となって美九に迫る士道。しかしそれですんなり行っては物語が成立しない。人に害を与えることを何とも思っていないどころか、他人は自分のために存在する駒扱いする美九は、狂三寄りの思考を持つ厄介な精霊で、力を封印させてはくれない。状況を面白がる美九の提案を受けて、学校別の文化祭の出物勝負を受けることになるが、ステージでのバンド勝負にて十香がやる気マンマン、生き生きとしていたのが読んでいて気持ち良い。十香の天真爛漫さには心を洗われるよ。

人を駒のように思い、仲間の絆を軽視した美九に突きつけられた敗北の文字。しかしまあ分かっていたことだけど我儘放題の美九が敗北を認める訳もない。美九の強力な力、折紙たちの内乱もあり、更に混沌とする状況の中で、仲間を失って行く士道。窮地に立たされた士道を救うのは…まさかの狂三。再登場するには絶好の機会でした。デートとしては初の引き終わり。次回は狂三と状況打破に向けて動くのだろうけど、こいつもまた一筋縄ではいかないからなあ。