飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「サイコメ 2 殺人姫と林監学校」感想

サイコメ 2 殺人姫と林監学校 (ファミ通文庫)

〈あらすじ〉
獄中生活にも慣れた神谷京輔たちを待っていたのは《七つの贖罪オリエンテーリング》《大炎熱バーベキュー》など、心躍るイベント満載の校外学習。しかも引率は優しく美しい風紀委員、紗魔夜沙姫! しかし彼女は21人を殺害し "殺人姫" と呼ばれた元・連続殺人犯だった! 当然のごとく京輔に興味を示す紗魔夜に、鋭利や煉子まで対抗し始め――。恋に殺しに波乱の林監学校が幕を開ける! LOVE=KILL! 恋するほどに危険なハードコア系ラブコメ第2弾!

表紙だけを見るとサイコホラーっぽいんだけどね。殺人鬼ヒロインたちとキャッキャウフフするラブコメって設定は未だに「どういう発想だよ」と思う時がありますわ。

今回は林間学校ならぬ林檻学校。校外に出て女の子たちと心踊る展開は…ある意味心臓がバクバク鳴るものはあるか。殺人鬼の風紀委員長なる存在が矛盾している新たなヒロイン紗魔夜は、厄介な相手だと思っていたが、意外なほど京輔たちにオモチャになっていたような気がしてちょっと哀れです。そりゃあ殺意を抱いても不思議じゃないよね。

京輔を巡る殺人鬼ヒロイン戦争は、煉子の積極的なアプローチを京輔は退けているが、ガスマスクを外して迫られると途端理性が弾けそうになるので、煉子が京輔を殺せる日も近いのでは。異常な状況を考えなければ、鋭利が驚くほど正統派のツンデレヒロイン道を歩んでくれて和む。普通に考えたら鋭利ルートなんだろうけど、生憎この物語、普通じゃないから。京輔ハーレムの総殺害数には震え上がる。