飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「学戦都市アスタリスク 03 鳳凰乱武」感想

学戦都市アスタリスク 03 鳳凰乱武 (MF文庫J)

〈あらすじ〉
鳳凰星武祭、開幕――。
綾斗とユリス、紗夜と綺凛の両タッグは危なげなく予選を突破し、本戦に突入する。アルルカントのエルネスタ・カミラ組など、強敵も順当に勝ちあがるなか、綾斗はふとしたきっかけで暴漢に襲われていた少女プリシラを助ける。
そこに駆け付けたのは、彼女の実の姉にして純星煌式武装《覇潰の血鎌》の使い手、《吸血暴姫》イレーネ・ウルサイス。――綾斗たちの次の対戦相手だった。
「今回あたしがディルクから受けた命令は――天霧綾斗、あんたを潰すことだ」
ついに牙をむくレヴォルフの刺客、そして明かされるクローディアの秘密とは――!?
最高峰の学園バトルエンタ、武が乱れ翔ぶ第3弾!

クローディアさん表紙だというのに、ほとんど登場していないのは何でなんだぜ?(泣
紗夜にすれば違和感なかったんだけどな…(笑)

ついに『鳳凰星武祭』開幕。
まずはタッグ戦。順調に勝ち進む綾斗とユリス、紗夜と綺凛ペア。しかしレヴォルグから差し向けられた強敵イレーネが綾斗に牙を剥く、というのが今回の内容。
先を考えただけでクラクラする『星武祭』がようやく始まり、テンポ良く勝っては行って展開を楽しんでいるけど、とはいっても『鳳凰星武祭』はどのくらいの巻数やるのかなあ。打ち切りでもない限り、他の『星武祭』の話も出てきているから、これは長期シリーズ確定といっていいのか。少なくともイレーネ以外にも強敵のいる『鳳凰星武祭』編は、あと二冊分は紹介しそうだが。

まあ内情の心配は置いて、綾斗とユリスの絆、そして紗夜と綺凛との仲間意識は確固たるものになっている。これにクローディアを加えてチームを組んでいけばいい。とりあえず、この二組のタッグバトルも楽しみである。
触れ合ってみれば、凶悪そうなイレーネも筋の分かる敵で好印象。今後積極的に出てくるのかな…これからどんどんキャラクター増えるから、どうなることやら。
綾斗の姉の話題も出てきているので。バトル以外の展開でも尺が必要か。本当に長いシリーズになりそうだわ(笑)