飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「黒鋼の魔紋修復士6」感想

黒鋼の魔紋修復士6 (ファミ通文庫)

〈あらすじ〉
アーマッド南部の大都市、ロマリックを訪問することになったヴァレリア。
"神巫"の行幸という形式ゆえに、同行するのはごく少数の護衛と侍女に限られることを懸念したディーは、ルキウスに頼みティアルを一行に加える。
アーマッドに併合されたという歴史のため、独立の気運が強いロマリック住民の視察、慰撫を目的として現地を訪れた一行だが、ロマリックと裏で通じるビゲロウの者たちの罠が、彼らを陥れようと待ち構えていた……!
緊迫の第6巻登場!

流石にディミタールの扱いにヴァレリアも慣れてきたなあ、と思っていたが、まあそれでもヴァレリアはヴァレリアでした。
今回はヴァレリアよりも、ディミタールのことを掘り下げて行く構成。読者である僕等も、これまでのディミタールの活躍もあって、彼のやることに間違いはなく、また失敗もないと思っていたけれど…それが大きな誤りであることを感じることになる。

政治的な深い背景が存在する大都市ロマリック。そこには一筋縄ではいかない化物たちが、牙を砥ぎながら、あるいは牙を隠しながら、『神巫』であるヴァレリア一行を迎え入れる。

どいつもこいつも腹に一物あり、油断ならない状況。そんな中で素直というかおバカなほど真っ直ぐ人を見ようとするヴァレリアの言動は、ある意味救いであるように思える。が、世話役のディミタールから言わせるとそろそろ学習しろよ、と。

そしてもう一人。腹芸が出来ず、ただただ自分がやりたいことを実行していくのが、ビゲロウのファティフ。見た目だけでなく内面も下衆野郎なファティフだが、その腕はディミタールに並ぶほどで、その鮮やかな殺意がヴァレリアたちを苦しめる。
強敵のいる状況下で、ディミタールはどんな決断をして行くのか。彼もまた人間。悩まずに生きてはいけない。その人間らしい躊躇を突かれ、ディミタールは思いも寄らぬ形で敗北を味わうことになる。

この敗北がディミタールにどんな影響を与えることになるのか…しかしその前に危機的状況を覆さないと、そもそも未来はない。ヴァレリアも疲弊している。さあ…どうする…?