飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない 12」感想

俺の妹がこんなに可愛いわけがない (12) (電撃文庫)

〈あらすじ〉
やれやれ……俺が長々と語ってきたこの物語にも、そろそろ終わりが見えてきたようだ。まあんなこと言っても、物語ってのはたいがいラスト付近が一番キツいもんで、俺の高校生活最後の数ヶ月は、そりゃもう大変なことになる。まさしくクライマックスってやつだ。そんなの、平穏を愛する俺の人生にはいらねーのにな。けど、まあ、やってみるさ。地に足つけない、嵐のような人生も、なってみりゃあ面白い。手ぇ抜くのはもったいないし――俺が始めた物語には、俺自身がケリを付けるべきだろう。
……ここまで付き合ってくれて、ありがとうな。

まずは『俺妹』完結おめでとうございます!
そしてありがとうございました!

アニメの反響も大きく、『俺妹』をキッカケにライトノベルを読み始めた中高生は少なくないのでは。まだまだこれから素敵な物語に出会って行くであろう、若いラノベ読みにとって初めて経験する物語の別れ…という人も多いと思う。ある意味、そういった層にとって『ひとつの時代が終わる』あるいは『区切りをつける』作品であったのではないだろうか。ラノベ読みは物語との別れから一回りも二回りも成長して行くのだ…何か上手いこと言おうとして失敗した感じ。

さて、長々と語っても仕方が無いので、サクッと『俺妹』の最後について。
はっきり言わせて下さい。
非現実だと…現実とは区別しないといけないと分かっていても、実妹持ちには厳しい結末になったな、と。この方向に行くのは分かっていた。でもこれまでの道程で出会った少女たちを結果、見放す形になってしまったのは悲しい…というよりも寂しい気持ちが大きい。そしてここまでやるのなら、一層清々しいほど突き抜けて欲しかった、というのもある。覚悟があるのか、ないのか。非現実の物語で、これまで架空の物語を楽しませてくれたのに、最後の最後で現実を考え、ストップしてしまうのは…。

と、まあ、色々言ったけれど、これまで楽しませて頂いたのは間違いない。それはタイトルを含めて、ね。改めてこの物語の影響力に対しても賞賛を送りたい。おめでとう。そしてありがとう!