読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「新妹魔王の契約者III」感想

角川スニーカー文庫 ライトノベル

新妹魔王の契約者III (角川スニーカー文庫)

〈あらすじ〉
澪を狙う勇者族を退けた刃更たち。
だが、魔界では澪の仇であるゾルギアが動き出した。
再び穏やかな日常を送る刃更たちに忍び寄るゾルギアの魔の手。
一方、万理亜の様子がおかしいことに気づいた刃更は!?

刃更の支配スケベも堂に入ってきましたね(下衆顔)
今回は万理亜メイン回。澪のことを想い行動している…そう思っていた彼女の真意を知ることのできる巻でした。

ついに介入してきたゾルギアとの戦い。
澪に万理亜に柚希と、刃更ハーレムも立派になったものです(再び下衆顔)正直「はいってない」だけで彼女たちは刃更にしっかり犯されていると思います。まあそもそも犯すこと…支配することが目的なんだけどね。
澪と柚希に関してはこれまでの流れで想いを確認しているが、ある意味、「他人」に過ぎない万理亜の内面を知る機会はなかった。ひとりの読者としても、何か抱えている節のある万理亜の行動が刃更たちにとって吉と出るか凶と出るか気になるところではあったので、膿を出し切った今回の話良かった。胸糞悪いゾルギア退治も含めて、ね。

家族として真の意味で万理亜を迎え入れることが出来た刃更たち。特に澪は嬉しかっただろうね。しかし滝川ことラースは良いキャラになってきたな。刃更と手を組んでどんどん悪さして欲しい(笑)さりげなく刃更ハーレムに紛れ込んだゼストは、澪と柚希の敵になり得るか、いや、なる!
親父も刃更のために格好良いところを見せないとね。盛り上がってきて、いい感じんだな!