飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ! 7」

おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ! 7 (富士見ファンタジア文庫)

〈あらすじ〉
「俺、頑張るよ! も、もし長谷川が本番でセリフ飛んだとしても、なんとかごまかすから!」
 文化祭のクラスの出し物である劇の相手役を、急遽長谷川がやることになって緊張しまくりの俺。
一方、恋ヶ崎の方も憧れの鈴木と同じステージに立つことになって、お互い好きな相手との距離を縮めるチャンス到来だ!!
 そんな中、長谷川の前に三年前からずっと避け続け、別々に暮らしていたお兄さんが現れる。
突然の再会に動揺し、ふさぎこんでしまう長谷川。
彼女の秘密を知ってしまった俺は、なんとか二人を仲直りさせたいと思うのだが――。

さて、読者諸君が助走をつけて直輝に殴りかかる時間がやってきました。ちなみに今回直輝がするのは「女装」です。はい、すいませんでした。

学園モノ…特にラブコメには必ずある胸キュンイベントの文化祭ですよ。桃ちゃんと鈴木が何やら上手く行っている(舌打ち)一方で、長谷川との距離感に悩む直輝。しかし長谷川を除外して見てみると、どう考えても小豆ちゃんルートに突入しているとしか思えんですわ。しかもかなりの尺で小豆ちゃんが直輝にアタックしていて、もうその健気さに泣きそう。ムラサキさんにまで接近されて、直輝、絶許。
口絵に笹川が思わせぶりな台詞と共に描かれているから何かのフラグかと思ったがそうではなく、何故かガッカリしている自分がいる。いや、これ以上直輝ハーレム拡大しても収拾つかなくなるだろと。

行き違いから離れ離れになっていた兄妹…長谷川とその兄、山本さん。山本さんのフラグはここで回収するのね。この展開は予想してませんでした。鈍くてすいません。
仲違い…というか長谷川が一方的に避けていたこの兄妹仲も、直輝の「嫌われてでも…!」という覚悟によって修復に成功。男を見せた後、オタクをカミングアウト、更には告白までする怒涛の攻勢。はてさて長谷川がどう答えるか分からない。
が、どうにも気になって仕方のない桃ちゃんを放ってはおけないから、このままだと長谷川ルートに突入することは出来ませんよ、直輝くん?