飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「天翔虎の軍師2」感想

天翔虎の軍師2 (富士見ファンタジア文庫)

〈あらすじ〉
ラーカス全土を支配する強大なトーレ帝国に叛旗を翻した、若き天才軍師シエル。
圧倒的な劣勢を智略で覆して拠点ラーゼンを手に入れたフレリカ軍は、エナが内政で腕をふるい、フレイが兵を鍛え……と束の間の穏やかな日々を送っていた。
その矢先、帝国最強の将軍レンギル出陣の報が届く!
それはシエルの才能を警戒した、天竜姫の軍師ユミカの策だった。
恐るべき超長距離兵器を持つレンギルに対し、シエルは――!?
軍師の智と勇将の武がぶつかり合う、本格ファンタジー戦記、強敵進軍の第2巻!!

天才軍師シエル様貧弱すぎィ!!
さらりとユミカに出し抜かれたりする辺り、まだまだ未熟というか…そんな未熟者ばかりのフレリカ軍がどう成長していくのかを見届けるのも、この物語の楽しみ方のひとつだろう。まあ一番の未熟者は表紙をエナさんが飾っているからと多いに期待してしまった僕なんだけどね…(吐血)

人材不足のフレリカ軍に次々と仲間が加わり、力を付けようとしている中で…反乱前からの部下であったマギーの大失態によって、一気に軍勢を失うことになる。その失態を取り戻すべく奮起するマギーが、今回大きく成長するキャラクターであることから、なるほどこれが表紙詐欺ですね!(泣)人の上に立つ者として、未熟も良いところのミオは、シエルの言葉に支えられながら「王者の判断」を下して行く…のだが、直ぐにヘタレるのが可愛いところなのか、残念に思うところなのか。

大敵ディオラの死によって、それぞれ胸に去来する想いを感じながら、その地位を引き継いだユミカを一番の敵に定める。しかし今回、驚くほどユミカの出番がないぞー!もはやユミカとは概念なのではないかと思ってしまうほど、名前と彼女の組み立てた戦略しか登場しないのは残念。
帝国屈指の実力者相手に全面戦争を挑むフレリカ軍。やはり一対一の戦いは個の力が優れているフレリカ側に軍配が上がるな。大失態を敵将討ち取ることで汚名返上したマギーは、やはり今回のMVP…エナ表紙とはいったい何だったのか…(しつこい)