飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「覇剣の皇姫アルティーナIII」感想

覇剣の皇姫アルティーナIII (ファミ通文庫)

〈あらすじ〉
難攻不落の敵要塞を見事に制圧したアルティーナ。その直後、一通の書状が届く。それは第二皇子ラトレイユから建国記念祭に出るようにとの要請だった。宮廷には軍権を握るラトレイユ、その参謀ジェルマン、第一皇子オーギュスト、地方貴族を束ねる公爵家の女傑など、幾つもの勢力が待ち構えていた。
皇帝が姿を見せるパーティ会場で各陣営の策謀が交錯する中、軍師レジスは後手を踏んでしまうが――!? 
覇剣の皇姫と読書狂の青年が織り成す覇道戦記ファンタジー第3弾!

本編開始前の3ページに渡るあらすじが素晴らしいな。もうシリーズが出るごとにこれがあるのなら、何度でも絶賛したい。要約も上手いから、これまでの流れをストレスなく思い出せてそのまま物語に没入することができる。全てのライトノベルに取り入れて頂きたいよ。

勿論、それ以上に素晴らしかったのは内容。今回は王位継承問題…権力争いに焦点を起き、今までの激しい「動」の動きから「静」に移り変わる。

第二皇子ラトレイユに召喚され、王都に向かうアルティーナ一行。物事を真っ直ぐ捉えすぎる彼女らしい、無駄を排除した王族の道中にレジスならずとも疑問に持つ者はいて、心中穏やかでない護衛たちの動くが笑える。王宮入りしたアルティーナを待っていたのは冷たい視線…ではなく、「疎まれた皇女」という前情報を覆す歓迎。そりゃあそうだ、今は確かな実績があるのだから。

そして始まる権力争い。
不気味なラトレイユ、何かを隠しているオーギュスト。最初の内は、見ない状況、慣れない場もあって浮き足立ったものの、それを覆していく。相手の手の内が分かるまで行動を移さないレジスの「悪巧み」がこれでもかというほど、炸裂するのだ。ほんと敵に回したくないこの人。それもこれも、アルティーナの熱い想いが、レジスの行動を強烈に後押ししているからだろう。

しかしラトレイユは思っていたよりも懐の深い人間であったのは驚きだった。それだけに今回の敗北をも糧にして、アルティーナたちに牙を剥きそうではあるけれど…その前に敵国の侵略が開始。戦争へと突入していくのか。内戦などしている場合ではない。呑気な国王は全く当てにならないのは良く分かった。

あと今回、「男に見えるけど実は…」ネタ多かったなあ。僕は大好物だけど。加えて分かったことは、アルティーナのいないところでクラリスに攻められるレジスを見るのも僕は大好物だということだ!